淡路島・鮎原米づくり2020 #01|堆肥フリフリの末、ぎっくり腰に…😭

2020年5月18日

田んぼに堆肥をいれる

しばらくブログ更新が滞っておりましたが、この間ずっと床に伏せていました。布団の上で寝返りするだけでも悶える激痛😭

先週末、今年の米作りのために田んぼに堆肥を入れる作業の際、腰を「グギッ」っと。

丸々3日が経過して、なんとか自立歩行ができるまでに回復。いつも黙って看病してくれる家族に感謝です🙏

2020年の目標は、一人5袋

1袋のお米を持つ

約30kgのお米をつめて、一袋いったい

知ってましたか?

一袋と書いて、「いったい」と読むんです。

「今年は3たいかぁ〜」という、お米仲間の溜息と共に、去年知ることになった単位ですが、マニアックな数え方ですよね。

知らなくてもまったく問題ないですが、豆知識としてぜひ🤗

さて、2020年の米づくりの目標は、一人5たいです❗️

田んぼ

僕ら3人がお借りしている田んぼの面積は、一反ちょっとあり(ちなみに一反は、300坪)。

この面積でお米づくりをすると、15たい(450kg)程度の収量が普通らしい。

昨年は10袋弱だったので、昨シーズンは大失敗の部類に入るわけです。

お米の師匠曰く、「昨年は既に堆肥を撒くところから失敗していた」そうで。

昨年は途中で帰ってしまった師匠も、最後まで監修😁

田んぼに堆肥を撒く

師匠にダメ出しを何度ももらいつつ、やっと撒き方に合格をいただけた様子はこちら😆

というわけで、今年もおふざけを挟みつつ、愛情を込めて楽しくみんなでお米づくりをしていきたいと思います❗️

次の工程は「もみまき」ですが、ちょっと今の腰の状況だと参加が難しそうだな…😢

淡路島に移住してから3回目の米作り。もちろん無農薬栽培です。今年は5袋とるぞ💪

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌
このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら