淡路島・自家製ひじき作りvol.02|ひじきを炊いて食べてみたけど、味があまりない〜😁

ひじきを炊いた

先日採ってきたひじきを家の庭で炊きました。

ネットで調べてみると、諸説あったのですが、今回は3時間かけて炊いてみました。

結論でいくと、僕がよく目にするひじきのように黒くはならず、味もひじきのそれとは違いました…

寸胴に大量のひじきを投入

ひじきを寸胴に入れる様子

よく厨房にある大きな寸胴が我が家にもあるのですが(北浜産業で購入)、これに半分くらい湯を沸かして、ひじきを全部投入しました。

投入前のひじきの色は、こんな感じで茶色っぽく。

ひじき

3分くらい湯に入れていると、

ひじきを炊いている様子

噂通り、緑色になりました。なぜかは分かりません😁

ひじき

ひたすらアク取り

その後は、吹きこぼれないように注意しながら、無尽蔵に出てくるアクをおたまで掬うことの繰り返し。

炊いているひじきのアクをとる

中をクルクルとかき混ぜていたからなのか、自然にひじきの茎と芽が分離しました。

ひじき

ぷっくらと膨らんでいる芽は浮いて、膨らんでいないのは沈みます。

ネットで調べたところ、膨らんでいない方が美味しいんだとか。

僕は気にしないので、全て食べますけど😁

ひじきを干す台を作成

ひじきを干す台

炊いたひじきを乾燥させるために、グツグツ煮ている間に、乾燥させる台を作成しました。

流木にネットを付けただけ、我ながらへこい😁

ひじきを干す台

ひじきを3時間炊くと、こんな感じ

ひじき

3時間が経過し、棒で中をすくってみると、こんなん出ました。

控え目にいって、美味しそうには見えないですね😁

とりあえず、水で洗ってから干す台へ。

ひじきを乾かしている様子

干物を作るネットにも。

ひじきを乾かしている様子

これでも足らず、家中のザルというザルを使用して、なんとか全部干しました😁

炊いたひじきを食べてみた

ひじき

当然、炊いたばかりのひじきを食べてみたのですが、そのままでは味が殆どない・・。

海の匂いはするけど・・

まるで、ワカメみたいな味。

海藻を食べるみたいに、ポン酢をかけて食べれるのですが、ひじきをイメージしているからか、なんだか物足りないというか、失敗した感がすごくありました😁

ひじきが黒くならないのは、鉄釜で炊いてないからのよう。炊くときに、鉄釘などを入れておくといいらしいです。

化学反応で黒くなるんですね😁

ちなみに、ゲストハウス花野のひじきは、鉄釜で炊いているので鉄分たっぷりですよ♬

しかし、味は何なんだろうな。乾燥ひじきになったら、あの味が出るのだろうか・・。

ある意味、楽しみな展開になったけど、今週は天気が悪くて、干しているひじきにカビが発生するんじゃないかという恐怖も生じてきました😆

乾燥できたら、またご報告します❗️

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら

Posted by 淡路島BASE