淡路島七福神めぐり【宝生寺】長寿に御利益。みんなも長寿橋を渡ってみて〜😚

こんにちは!

いい天気ですね☀️明日も淡路島はイベントがたくさんあるので、このまま持ちこたえて欲しいです😊

淡路島でたくさん素敵な思い出を作ってくださいまし😙

 

 

さて、僕らは「淡路島七福神めぐり」の続き。

2箇所目は、淡路島百景でもある「宝生寺」に足を運んでみました🚙

場所は、淡路島の東側・中央(淡路市里)。

宝生寺もアクセスが便利で、国道28号線「塩尾」交差点を山側に曲がって、車で5分くらい。

宝生寺 寿老人

看板も目立ちますし、駐車場も広いです。

上の画像の右側が駐車場。左側に曲がる道が宝生寺へ続いています。

 

 

曲がるとすぐ、奥さんの産直レーダーが反応🙋

宝生寺 途中のみかん

今が旬のみかん。

しかも、「除草剤なし」という奥さん大好きのオーガニック系キーワード。

さらに「甘いよ」の愛らしい宣伝文句😚

宝生寺 途中のみかん

2袋購入しましたが、とっても甘かった😋おすすめ〜😋

 

 

少し坂道になっていましたが、宝生寺までは50mくらいで、すぐに着きます。

宝生寺

先日の万福寺といい、七福神のお寺は駐車場から近くて嬉しい😀

 

宝生寺は、淡路四国八十八ヵ所霊場(第七十五番)のようです。

宝生寺

サイクリストの方は、ここが駐輪場ですね。「アワシチ」は、「アワイチ」とかけているのかな🤔

 

宝生寺の境内の様子

階段を登ると正面に拝殿があります。

宝生寺

 

拝殿の手間左側には、弘法大師さま。

宝生寺の弘法大使

横には、宝生寺一番の謎ポイント。

宝生寺

休憩スペースですが、中央にあるドカンの先端みたいなものは何でしょうか❓

10個の配置も意味がありそうですが🙄

普通に考えば、この上に大板の石が机のように置いてあったんでしょうが…。

 

 

拝殿に向かって右手には、長寿橋があります。

これが宝生寺で一番のイベントでした。

宝生寺 長寿橋

わずか5mほどですが、この橋を渡ると長生きできるそうで。

右からでも左からでも渡る方向はどちらでもよいそうですよ。

宝生寺 長寿橋

 

お土産もたくさん販売されていました。

宝生寺

寿老人の置物、カワイイ😍

宝生寺お土産

 

拝殿のすぐ下には、このようなありがたい石も。

宝生寺

 

こちらが宝生寺の拝殿です。

宝生寺

ちなみに、拝殿には「淡路島七福神めぐりハッピー券」を持っていないと上がることができません。

 

寿老人は、杖と桃を持ち、玄鹿をお供にしている

拝殿にあがって、左側はこんな感じ。

宝生寺

地獄絵図の屏風がありました。あまり近づきませんでしたが…😳

 

こちらが正面と右側。宝生寺は写真OKということで祭壇も。

宝生寺

右奥の「寿」のれんのスペースが、寿老人様が祀られている場所です。

 

宝生寺 寿老人

住職様が不在だったのか、今日は残念ながら御祈願はできませんでした。

「氣・心・腹・口・命」。この5つの漢字は次のような意味があるそうです。

氣は長く、心は丸く、腹立てず、口慎めば、命長けれ。

思い当たる節がいろいろと・・・、精進します🤗

 

寿老人様もたくさんいまして。

宝生寺 寿老人

皆さん、杖と桃を持っています。杖はなんとなく神様ツールなので分かりますが、桃とは驚きでしたね。

 

そもそも、寿老人様は中国の神様で、桃は中国において不死、長寿のシンボルだそうです。

さらに中央にある鹿の頭。最初は何も知らなかったので生贄か?なんて変な想像をしてしまいましたが🙇寿老人様のお供でした。

玄鹿(くろしか)といって、これも中国において長寿のシンボル。

 

この寿老人様がメインとのことで、いちおうアップで。

宝生寺 寿老人

やっぱり生贄にしか・・・🙇🙇🙇

 

宝生寺の参拝に要した時間

僕らはご祈願ができなかったこともあり、約30分でした。

 

宝生寺の御朱印

寿老人の文字がかっちょええ😍

宝生寺の御朱印

 

宝生寺の参拝記念品

ポストカードになっています。トイレに貼ろうかなぁ。

宝生寺の参拝記念

 

淡路島七福神めぐりハッピー券も2個目の判子をいただきました😉

淡路島七福神めぐりハッピー券

 

宝生寺は30分もあれば参拝できる場所でしたので、ちょっとの隙間時間でも大丈夫です。

他の方もサクッと参拝を終えて、次へ回られていくようでしたね。

お時間があれば、長寿橋を渡りに行ってみてください。ハッピー券がなくても渡れますし、無料ですので😊

✨🌟✨ぜひぜひ、淡路島に遊びにきてください!!
👇👇👇淡路島の宿泊施設リストです👇👇👇

淡路島の宿泊施設はこちら

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら