ノマド村にランチに行ったら、偶然アート展が開催中。素敵な人にも出会えたよ😁

ノマド村に来たのは2年4ヵ月ぶり。

前回は、初めて淡路島に遊びに来た時で、まだ移住前のこと。

でも覚えてたんですよね、カフェ・ノマドの店員さん(お名前、聞き忘れた… _| ̄|○)。

ノマド村

彼女の顔を見たら、当時の会話まで思い出した。

だから何よって言われても何でもないんだけど、なんか嬉しいよね。2年以上も時間が経過していて、また同じ場所で同じ店員さんに会えるって。

こんな隠し撮りも気持ちよくOKくれたしね😙

11月でカフェ・ノマドは休業(来年の4月再開だそう)なんで、皆さん急いで駆け込んでください!

 

ちなみに、本日僕らがいただいたのはこちら。

おにぎりとお野菜の定食

おにぎりとお野菜の定食

 

完全に女子が好きなやつ!もちろん、僕もいただきましたけど😁

 

もう一つは、カフェ・ノマドの看板メニュー。

猪豚のソーセージ

mukuなオープンドッグ

 

猪豚のオリジナルソーセージのホットドッグ。男子はやっぱりこっちだよね。

ノマド村でホットドッグを食べる

大変美味しゅうございました!

 

食べてないですが、デザートも美味しそうでしたよ!

カフェ・ノマド

 

ノマド村とは

ノマド村は廃校を利用した施設として全国的にも先駆け。淡路島の観光としても定番の一つですから、少しだけノマド村をご紹介します。

場所は、淡路市の長沢地区。国道28号線「生穂」交差点を山側に曲がって、ずーっと進むと着くイメージ(車で15分弱?)。

 

2009年に閉校した生穂第二小学校に、アーティストコミュニティとして誕生しました。

こちらはノマド村の入り口。

ノマド村

2016年からは、ミーティングスペースとか、シェアオフィスとか、多様な働き方を生み出す拠点としても活動を深化。今後は、木工アトリエや研修合宿もできるように整備中だそうです。

 

校舎にはバンクシーの作品が結構描かれていて、アートを感じます。

バンクシー

 

実は校舎内にもあるんだけど、素敵やね😙

バンクシー

 

で、こちらが本当に入り口。

ノマド村

もともと職員玄関だったのかなぁ…

ノマド村

 

入ったら、これまた素敵な人に出会いました。

ERiNi

AWAJI 藍 LAND projectのERiNi(エリー二)さん。

偶然ノマド村で開催されていた「コンテンポラリーアート展」について、いろいろと説明してくださって。

まぁ、よくよく話してみると、友達の友達だったりして。

「今度遊びに行きます」なんて、また軽い口約束をしてしまったんですが…(実は今日のノマド村訪問も軽い口約束を守るためだったりして😙)。

また一人素敵な方とお知り合いになれました😊

 

カフェ・ノマドの風景

入り口を左に曲がると、カフェ・ノマドです。

カフェ・ノマド

広いスペースに、センスの良い家具や絵画。とても気持ちのいい空間です。

カフェ・ノマド

 

今日はアートイベントも開催されていたので、素敵なガラスがたくさん置いてありましたね。

 

カフェ・ノマド

カフェ・ノマド

 

キッチンの方はこんな感じ。土壁が素敵です。

カフェ・ノマド

野菜も格安で売ってたりしましたよ😋

カフェ・ノマド

 

お花も購入しました。

カフェ・ノマド

野菜とお花は、アートイベントとは関係ないと思うけど、いつも販売しているのかな・・・???

 

コンテンポラリーアート展 開催中

詳しくはこちらをご確認いただきたいですが、11月25日(日)まで開催しているそうですので、ぜひ!

少しだけご紹介しますと、こちらがERiNiさんのブース「光の鼓動 時のしずく」。

ERiNi

藍

 

他にもたくさんの作家さんが、様々な作品を展示しています。

コンテンポラリーアート展

 

コンテンポラリーアート展

 

コンテンポラリーアート展コンテンポラリーアート展

まだまだ作品たくさんありましたけど、この続きは観に行ってくださいませ!

ノマド村は、廃校を再生活用した先駆け的施設。淡路島に来たら一度は訪れる価値はあると思います。

カフェ・ノマドが冬季休業に入る前に、ぜひぜひ!

 

カフェ・ノマドの営業時間やアクセスマップ、ご予約等はこちらから

関連ランキング:洋食 | 淡路市その他

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら