東京で大人気の灰ワカメが手に入るよ。洲本商店街の出口商店で淡路島のお土産をぜひ‼️

つい10日前くらいです、東京・日比谷にできた「スモトのおべんと」に伺った際、出口商店の「灰ワカメ」が売れ筋だと聞いたのは。「入荷してもすぐに売り切れになってしまうんです」と店員さんが話してくださって。

でも出口商店って、聞かないよな〜と思っていたんですが、ありましたよ❗️めっちゃ近くに‼️

出口商店

洲本市の中心街、洲本コモード商店街に入ってすぐ。まどみ食堂の近くにありました😁

出口商店は、創業万延元年(1860年)。淡路島でとれる煮干しいわしの卸問屋としてスタートして以来、煮干しやちりめん、鳴門海峡のワカメなど厳選した良質の海産物を提供されています。

今日は「洲本レトロなまち歩き」というイベントをやっていて、いりこぶだしの試飲を店頭でされていたんで、それで気がつきました。

「よく通る道ですが、気配がなさすぎて、いつも素通りしていたみたいです。すみません」と、つい正直に謝ったのですが、念のため「本当にここでやってました?」と聞いたら、「えぇ、160年近く」とご主人😁

そんな失礼な僕にも、とても優しく接してくれるご主人は、やっぱり素敵な方でした。

出口商店

出口商店の店内の様子

出口商店

今どき珍しいイリコの量り売りが店先にあっていい匂いです。

店主さんに売れ筋を聞いてみると、イリコや灰ワカメでけでなく、ちりめんも売れているそうです。

でもやっぱり、東京ですぐ完売になっちゃう灰ワカメを見せてもらうと、お店の奥にありました。

値段もそんなに高くないので、淡路島のお土産にちょうどいいですね😁

東京の「スモトのおべんと」で売れ筋ベスト3にあがった「大江のり」も販売されていて、出口商店にくればトップ3の2つが同時に手に入るということですな(あと一つは、新玉ねぎでした)。

僕らはとりあえず、お求めやすくイチオシの「いりこぶだし」を購入してきました。

これも400円で、お土産にいいですね。

僕らと同じタイミングにお店にいたお客様は、北海道から淡路島にこられていた方で。どうしても出口商店で買い物がしたかったそうで、出口商店でお土産を買えたことを本当に喜んでいました。

店主はその倍くらい喜んでいました😁

なんか、そんな光景を見ていたら、じーんとしちゃいますよね。そんな遠方からもわざわざ訪問される名店の老舗海産物問屋が、アクセス便利な洲本コモード商店街にあります。

GWで淡路島に観光されている方も多いと思います。ぜひ出口商店で淡路島のお土産をお買い求めください。

東京では売り切れで買えない灰ワカメ、ありますよ。

親族に、友達に、職場に、ぜひお買い求めください。食べたことないけど、おすすめします😁

これは先日東京で撮影した出口商店のブースですが、よくみると暖簾にBEAMS監修とあります。

「スモトのおべんと」出口商店ブース

BEAMSも応援しているんです、僕がおすすめするより断然説得力ありますよね。

淡路島のお土産は、洲本コモード商店街の出口商店でぜひ❗️

出口商店の近くにある淡路島グルメ

この辺りだと、まどみ食堂、おんもーど、HONYANOATOがすぐ側。レトロ小道もぜひのぞいてみてくださいね😁

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」から淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら