淡路島・鮎原米づくり2021 #14|先日の台風で田んぼが水だらけ😭収穫前に溝掘り作業💦

家族で田んぼ作業

久しぶりの田んぼ作業は、溝堀り^^;

先日の台風の影響で、田んぼの中が水だらけでジュルジュル(←淡路島の方言⁉️)

田んぼが乾燥して地面が固くならないと、機械を入れられません。

効率良く乾燥を促すために田んぼの端に溝を掘って行くのですが、この作業がまぁまぁ大変で😅

ちなみに、お隣の田んぼは収穫をされていました(羨ましい😆)。

稲刈り

憧れの稲刈りを横目に、まずは稲を手刈り。

稲刈り

刈り取った稲を、まとめて結ぶ作業は奥さん。

稲をまとめて結ぶ

結んだ稲を運ぶ役目は、息子です。

息子が稲を運ぶ

稲を刈り取ったら、いよいよ溝掘りなわけですが、クワの作業って大変よな😅

控えめに言って、大の苦手。

溝ほり

お米作りのパートナーも、疲労困憊の様子😁

休憩中

抜けるような青空はとっても気持ちいいんですけど、夏日のように暑い😭

こういった労働は、子供がいるだけで少し気分が明るくなりますね😁

田んぼと家族

なんやー、かんやー、言いながらも、しっかり溝が完成しました✌️✌️✌️

田んぼの溝ほり

しかし、ここにきて気になるのはジャンボタニシです😅

今年生まれたであろう、子供の数が多い。

ジャンボタニシ

今年は、田んぼの草引きをしている間に、500個以上は卵を除去したと思うのですが、全然ダメだったみたい。

昨年の今頃は全く気にならなかったジャンボタニシの存在ですが、このままいくと、来年の米作りはどんなことになってしまうのだろう・・。きっと、ジャンボタニシの卵で、田んぼがピンクに染まる😱😱😱

来年のために、ジャンボタニシ対策を考える必要があるかもしれませんね。

田んぼが順調に乾いてくれれば、今月末が稲刈りになりそう。それまで雨降らないでよ〜。

今年は昨年の記録を抜いて、目標の15体を収穫できるのか❗️月末が待ち遠しいです😊

はざかけ
刈り取った稲はガードレールではざかけ

淡路島・鮎原米づくり2021バックナンバー

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら

Posted by 淡路島BASE