父の形見KING SEIKO(キングセイコー)の時計は、修理費2万5000円だってさ〜😅

2020年5月8日

KING SEIKO

昨日、久しぶりに手に取りました。

会社員時代に着けていた時計、KING SEIKOキングセイコー

想像に難くないと思いますが、現SEIKOの昔のブランドです。

見ての通り、ボロボロでして。

見た目だけでなく、実際に壊れていまして😁

1時間経過すると、約5分の遅れが生じます。

僕の使用が雑だったのでしょうね。表面のガラスを割ったのも僕かなぁ・・。

裏側は、わりと綺麗なんですけどねぇ(当たり前・・)。

キングセイコーの裏側

そもそも購入したのは祖父で。

それを僕の父親が譲り受けて。

それを僕が引き継いだ形です。

ちなみに、父親は4年前くらいに亡くなっており。

今僕が淡路島に居るのも、父親の死が少なからず関係しているのですが、その辺の話は、以前書いたので省略。興味を持ってくださる方は下のブログを🙌

この時計はいつか息子に譲ろうと思っていますが、「壊れたままバトンは渡せないなぁ〜」と考えつつ、淡路島に移住してからはタンスの奥に長らく封印。

それが、ひょっこり昨日、出てきたのです。

きっかけは、もう一つの時計です。

アニエスべーの時計

何年も使用していない電池切れの時計ですが、娘が着けたいと言うので電池交換へ。

お願いしたのは、洲本市街・コモード商店街の時計屋さん「ツキヤ」。

いやもうね、この道50年・ベテラン店主の仕事が丁寧❗️

電池交換

まるでプロフェッショナルの流儀を見ているような所作。ご自身の中でプロ論をお持ちなんでしょうね。

「そんな丁寧に電池交換していただかなくても・・」と、恐縮っす😚

最後は心臓に聴診器をあてるように、クオーツの規則正しい音をチェックしてくださりました。

クオーツの規則正しい音をチェック

この流れで、ついでにKING SEIKOキングセイコーの時計も診てもらったわけです。

結果、手巻きのゼンマイが途中で切れていると・・・

表面のガラスも含めて、修理費用は約2万5000円・・・

チーン😭

想像以上にお金がかかる・・・

「息子に渡すまでに直せばいいよな・・」と、修理はせずに再びタンスの奥で眠っていただくことに😆

だって、ベルトも変えたら3万円。

別の時計、買えるやろ〜。

そういえば、こんな時計も出てきました😁

データバンク

若い頃に流行ったCASIOデータバンク。

まだ携帯電話が普及していなくて、電話番号をメモリーできた時計だったような・・。いずれにしても、僕は使いこなせない派でしたね😅

取り止めのない話が二転三転してしまいましたが、今日はなかなか修理代のかかる時計を受け継いでいたことが判明した一日でした😁

ツキヤの店主さん曰く、KING SEIKOキングセイコーは70年くらい前はイケてる時計だったそうです。

それにしても、良い人オーラが凄かったな。

「こんな時期だから、どうぞ」って、最後にマスクもくださった。

大切に使います❗️本当にありがとうございました🙇‍♂️

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら