ありがとうの日が始まりました

何だか最近、夜中に起きてしまう。

2時とか3時とかに。

トイレではないので、布団の中でやり過ごす。

4時とか5時くらいにやっと寝られるのだが、

何か身体に異変が起きているのだろうか。

今朝にいたっては目覚めたのが1時半。寝たのは23時だ。

新聞屋さんのバイクの音で2時半を確認し、

焦るけど寝られない。

・・・寝られない。

ひょっとして、寝なくてもいい身体を手に入れたのだろうか。

というか、「お前、寝るほど疲れてないんじゃないか?」というツッコミも聞こえてくる。

ところで、3月9日の今日は「ありがとうの日」だそうだ。

「ありがとう」と感謝するなら、まずは親だろう。

産み育ててくれたことに、最大級のありがとうを。

父は3年ほど前に他界している。

65歳の若さだった。

僕が淡路島に来られたのも、父が亡くなったことが大きい。

肺がんで入院していた父から、

「楽しく生きろ。好きなように生きろ」と。

父の最期には会えなかった。

亡くなる当日、病院にいたにも関わらず、まだ大丈夫だろうと会社に向かった。

休日だったのに。

実に、僕らしい。

ただ「仕事に穴を開けるな」が、父の口癖だったから、

きっと笑って許してくれただろう。

ありがとう。

親より人生を楽しむことが、何よりの親孝行だと、父が教えてくれた。

本当にそうだと思う。

僕も子供たちには、自分より楽しい人生を送ってもらいたい。

子を持つ親なら、誰でもそう願うだろう。

子供たちの幸せのハードルを少し上に上げるためにも、

僕自身が楽しんでいる姿を見せないと。

淡路島に移住して約2年、早くも父は抜いてしまったのではないかと思っているが、どうだろう。

もう一つ「ありがとう」を言うなら、次は奥さんだろう。

毎日すベてをしてくれている。

きっと子供が3人状態だろう。

そんな奥さんが珍しく、今日は妹と徳島までLIVEを観に行く。

たまには存分に羽を伸ばしてきたらいい。

僕は毎日伸ばし放題なのだから。

本当にいつも、ありがとうございます。

さて、時刻は5時40分。

そろそろ朝だ。

寝られそうにないので、淡路島の海に「ありがとう」を伝えに行こう。

※7時20分追記

「ありがとう」は伝えてきた。

魚は釣れなかった。

淡路島の朝日
ありがとうの陽

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら

Posted by 淡路島BASE