慶野松原・根上がり松は、本当に浮いてたよ❗️ついでに約500歩も検証してみた😁

2019年6月23日

慶野松原 根上がり松

淡路島には大木が多くありますが、慶野松原の根上がり松も立派❗️

しかも、本当に根の力で浮いている ( ^∀^)

最近よく慶野松原に足を運んでいるのですが、こんな素敵な松があるとは知りませんでした。

慶野松原に足を運んだ際には、チラッと見に行っても面白いと思いますよ〜😁

慶野松原・根上がり松に近い駐車場に停めよう

瀬戸内国立公園慶野松原案内図

上の画像は見づらいかもしれませんが、左側に赤くある「現在地」という駐車場がベストです。

というか、慶野松原に遊びに来る際は、大抵はこの南側の駐車場かもしれません😁

慶野松原駐車場

広い駐車場ですから、安心ですよ〜。

しかも、この駐車場から5分程度で到着しますんで、ぜひぜひ😁

グーグルマップに駐車場の住所が出てきたので記載しておきます。カーナビセットで行けるはずです。

慶野松原駐車場の住所

兵庫県南あわじ市松帆古津路

慶野松原・根上がり松を見に行こう!

駐車場のすぐ横からスタート。「慶野松原の名木、万葉の瓦道、プロポーズ街道」の看板が目印です。

こちらを入ってすぐ、右手に石碑があります。

名勝慶野松原の石碑

慶野松原・名勝慶野松原

\ 名勝慶野松原 /

なんか文字がかっちょいい😆

昭和3年に名勝として国から指定を受けたそうです。

瓦(かわら)ぬ愛は、2160円で作れます

入ってすぐに気づくと思いますが、この道沿いには瓦(かわら)ぬ愛を誓い合った証が飾られています。

さすが瓦の名産地。

ここ慶野松原には、他にも瓦のオブジェがたくさんあるのですが、また別の機会にでもご紹介できればと思います🤗

慶野松原・プロポーズ街道

どうやったらこの瓦を作って飾ってもらえるのかなぁ?と疑問に思って歩いていたのですが、最後に発見しました❗️

慶野松原・プロポーズ瓦

一枚2160円。

リーズナブルだと思うのですが、一枚いかがでしょう🤗

慶野松原・根上がり松まで約500歩

石碑を過ぎてすぐ、根上がり松の看板。そこに「徒歩約500歩」の文字。こういうのを書かれると、どうしても検証してみたくなってしまう😁

慶野松原・プロポーズ街道

とりあえず、100歩目の景色はこんな感じ。松だらけ😁

慶野松原・プロポーズ街道

しかし、慶野松原の松は多いねー。約5万本あるそうで😁

慶野松原・プロポーズ街道

途中、右にも行ける道がありましたが、ここは道なりに左へ。

200歩目。なんか建物が見えてきました。

慶野松原・プロポーズ街道

300歩目。ちょうど、根上がり松はこちら的な看板まできました。ここを右折です。

慶野松原・根上がり松までの道のり

ちなみに、この看板の道向かいにある建物が、先ほど遠くに見えた建物でして。トイレでした。

慶野松原・トイレ

右に曲がって、松林の中に入ると、すぐにまた看板が見えまして。左へ行けという。

慶野松原・根上がり松までの道のり

左に目線を移すと、

慶野松原・根上がり松

「おぉー」

思わず、一人で呟いてしまいました😁

手前の松も少し根が上がっていますが、奥の方に見える松です。

慶野松原・根上がり松

到着❗️

慶野松原・根上がり松

こちらの写真を撮影した時、377歩❗️

かなり無理して大股で歩いたことが伺える結果でございました😁

ちょうど500歩で到着するためには、どれくらいの歩幅なのかしら???

しかし、浮いてますねー。

慶野松原・根上がり松

手を広げているみたいです。

ぶっちゃけ、慶野松原には他にも根が少し浮いている松は多くあるのですが、これはダントツに浮いています。

何でこのようになったのでしょうね?

浮いたんじゃなくて、地面が沈んだのかなぁ??

根上がり松の全体像はこんな感じです。

慶野松原・根上がり松

形もいいですよねー😙

この大木も守るべき一本ですね。

慶野松原・根上がり松の動画

根上がり松の迫力が少しでも伝わればと思って、動画も撮ってみました。

途中、2回ほどつまづいているのでブレたり、ガサガサ音がなっていますが、ご容赦ください🤗

以上、名勝慶野松原にある根上がり松のご紹介でした❗️

まだ見たことありませんが、この慶野松原の松林には「いのしし松」や「へび松」なる珍木もあるらしいです。

見つけたら、またご紹介したいと思います😁

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」から淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら