淡路島・ふくカフェでスイーツ❗️限定ワッフル・スノーホワイト〜白雪姫〜を食べてきました〜🤤

スノーホワイト〜白雪姫〜

奥さんとシェアして食べましたが、十分満ち足りた気分に😍

質も量も大満足のスイーツです❗️

いや〜〜〜、大変美味しゅうございました😚

甘さ控えめ、味も食感も多彩なので、まるッと一人で食べても飽きがこない一品だと思います😊

スノーホワイト〜白雪姫〜

白雪姫というサブネームが付いていて。

焼きリンゴがスカートのように見えるのですが、僕の撮影角度が悪く・・、すみません😭

パッと見は、バニラアイスと生クリームだけだったのですが、中にレアチーズケーキを発見🤩

生クリームの中にレアチーズケーキ発見

分かりづらいですが、ワッフルも2種類(丸いのと四角いの)重なっています✌️

まわりのナッツもキャラメルソースとあいまって、ウマウマ❗

上から下まで、とても考えられたスイーツだなぁと、専門家でもないのに感心してしまった😊

スノーホワイト〜白雪姫〜は、期間限定とのことですので、チャンスがあればぜひ食べてみてください🤗

淡路島BASE
淡路島BASE
しかし、お皿の上にある背の高いスイーツは綺麗に食べるのが難しい…。実食早々に、白雪姫の頭部を倒してしまった😆

ふくカフェの行き方

ふくカフェの駐車場
駐車場はドーンと広いので安心

ふくカフェがあるのは、南あわじ市・倭文エリア。難読漢字ですが、「倭文しとおり」と読みます。

初めての方は、県道125号線「倭文長田」交差点を目標に行くと良いと思います。

交差点から車で1分ほどですし、そこからは「ふくろう」看板がちゃんとナビゲーションしてくれます。

駐車場からふくカフェへの道のり
お店までの、のどかな道がまたいいかんじ😊

駐車場からお店までは100m弱(←適当です)。ふくろう看板もあるので、迷うことはありません。

ふくカフェの店舗外観
ふくカフェの住所

兵庫県南あわじ市倭文長田224

ふくカフェの店内の様子

ふくカフェの入り口

ふくカフェは、お店の入口で靴を脱いで入ります。

ちなみに、この入口からも雰囲気十分ですが、ふくカフェは築100年以上の古民家をリフォームして作られたそうです❗️

お店に一歩入ると、まず目の前に広がるのは、ふくカフェのワッフルをはじめとしたお土産購入スペースと、レジカウンター。その奥にキッチン。

ふくカフェの店内の様子

入って左手に、僕らが座らせてもらったソファ席。

ふくカフェの店内の様子

横には、こんな可愛らしい2人用の席もありましたが、現在は新型コロナ対応で利用が制限されていました。

ふくカフェのテーブル席

さらに奥には、カウンター席とテーブル席。

ふくカフェの店内の様子

見たことはないのですが、少し離れたところに個室もあるそうです。

ふくカフェの店内の様子

この日もお子様連れのお客様が個室を利用されているようでした。

店内に、子供が好きそうなゲームも置いてありましたね😁

ビー玉ゲーム
ゲーム台にもふくろうマークが🤩

ふくカフェのメニュー

ドリンクメニューなどを含めるとメニューがとってもたくさんあるので、今回はワッフルメニューとランチメニューのみ掲載します。

※メニューは変更等があると思いますので、参考程度にご覧ください。

ワッフルメニュー

ワッフルメニュー
ワッフルメニュー
ワッフルメニュー

ワッフル人気ランキング

ふくカフェのワッフル人気ランキングがこちら❗️

ふくカフェの人気ワッフルランキング
  • 1位 ベリーベリーワッフル
  • 2位 チョコバナナワッフル
  • 3位 キャラメルワッフル

ランチメニュー

ランチメニュー
ランチメニュー

ちなみにこの日は、スイーツの他に「スタッフおすすめ」印がついている「炙りチーズ淡路島カレー 淡路島玉ねぎ丸ごとのせ」も食べちゃいました〜😙

炙りチーズ淡路島カレー 淡路島玉ねぎ丸ごとのせ
ひーちゃん
ひーちゃん
野菜のうまみたっぷりで。後から爽やかな辛さも👌おいしかったよー😊

ふくカフェの基本情報

ふくろうの時計
営業時間10:00-18:00
定休日木曜、第2・第4金曜 ※SNSでチェックした方が確実です
住所兵庫県南あわじ市倭文長田224
電話番号0799-53-6170
SNShttps://www.instagram.com/fuku__cafe/
不定休や変更などもあると思いますので、ご心配な方は事前確認の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら