淡路島・厚浜で磯遊び❗️小さいビーチもあって、子供も大人も楽しいよ〜😁

2020年8月1日

磯遊びをする息子

この夏はじめての磯遊びに行ってきました❗️

最近、ゲームとYouTubeに息子を独占されているので、たまには自然の遊び場にも連れ出さないと。

こうして息子と一緒に遊べる時間も、あと何年あるんかなぁ…とかね😚

息子と磯遊び中

僕だけじゃなくて、奥さんも息子も、とっても楽しかったようで何よりでしたが、今回は、淡路島で「磯遊び」と「海水浴」が同時に楽しめる厚浜の磯遊び場をご紹介です。

厚浜のビーチで海水浴

厚浜の磯遊び場の行き方

厚浜ビーチの駐車場

厚浜の磯遊び場は、淡路島の東海岸。洲本市にあるので、南北でいうと、ちょうど真ん中くらいですね。国道28号線沿いです。

神戸方面からアクセスすると、「たまご屋さんちのたこ焼」を過ぎたくらいの場所に、椰子の木(?)みたいな長〜い木が何本もあって。ここは路肩スペースが広いので、ここに車を駐車します。

こんなモニュメントがある場所です。

モニュメント

ここから下を見下ろすと、こんな感じ。磯場遊びができる場所が広がっています😁

厚浜ビーチ

海に降りれる場所は、複数あります。

車を停めた場所からすぐに降りると、目の前は磯場。

砂浜ビーチの方に降りたい方は、車を停めた場所から少し炬口(南側)方面に歩いて、この先のガードレールの切れ目から海にアクセスしてください。

厚浜ビーチの降り口

おすすめの降り口はこっち。でも、くれぐれも車には注意してくださいね。

厚浜の磯遊び場へ

厚浜の磯遊び場

この日は、ビーチ側に降りて。すぐテントを張りました。この場所は、ちょうど磯場とビーチの中間に位置する絶好のポジションです。

休日とか混み合っている日は、磯場とビーチの人の行き来があると思いますので、ここにテントは難しいかも。

海に向かって、右側がビーチ。100mくらい(←適当)の砂浜が広がっています。

厚浜のビーチ

海に向かって、左側が磯場です。

厚浜の磯場

磯遊びは、潮溜りを探せれば高確率で小魚がいます。

磯遊び中
磯遊び中

小魚(たぶん、ハゼの仲間)ゲット〜😚

お魚ゲット

生き物がいると分かれば、子供はすぐに夢中になるもんです。

「リアル動物の森や〜」って😁

磯遊びをする息子

小魚は、やっぱり網がないと難しいので、100均で購入しておきましょう。

2本あると、挟み撃ちができますよ❗️

カニは素手の方が早いです。

ただ、中には子供(息子は小3です)と、いい勝負をするサイズのカニもいて。

捕まえた時に、ハサミで指を挟まれて、泣きべそかいてました😆

息子の指を挟んだカニは、下の画像の黒いカニ。右手のハサミが取れていますが、息子との挌闘の傷痕です。

カニ

この日は、潮が上がり過ぎていて、あまり潮溜りが見つからず、、、30分くらい息子と探して、こんな感じでした。

カニや魚

カニや魚以外にも、貝やイソギンチャク的なやつ、高級食材のアイツもいましたね😁

磯遊びの後は、海水浴を楽しむ

厚浜の磯場ビーチ

この場所は、海水浴が大好きな奥さんも満足させてくれるので、素晴らしいポイントです(奥さんにとっては、磯場はどうでもいい😁)。

管理されているビーチではないので、うち上げられているゴミはありますが、綺麗な海です。

ただ、すぐに大人の腰ぐらいまで深くなるので、小さなお子さんは注意が必要です(もちろん潮の干満があるのでその日によります)。

手前は砂浜なので手前だけなら素足でもOKですが、少し先に行けば岩もあるので、マリンシューズがあれば履いた方がいいと思います。

おのおの一通り遊んで、かんぱ〜い😁

カンパイ

この後、しっかり捕まえた魚たちに「ありがとう」とお別れを言って、

魚にお別れを言う息子

海にスローイング。

はたして、息子のスローイングは海に届いていたのだろうか・・・😂

淡路島・厚浜の磯遊び動画

YouTubeに動画もあげたので、もしよろしければ❗️

ということで、今回は淡路島・厚浜にある磯場&ビーチのご紹介でした😁

磯遊びをされる方は、網と虫かごをお忘れなく。100均で揃えましょう。

あと紫外線対策が重要です。帽子はもちろん、ラッシュガードとかもあればベターですね。

それと、素足は厳禁です。特に、子供はマリンシューズは必須ですよ❗️

今年は淡路島でも全面的に海水浴場が閉鎖しています。厚浜のこの場所も混み合うかもしれませんが、みんな仲良く遊びましょうね😊

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら