2020年も開園❗️あわじ花山水で、珍しいベニトンボを発見😲もちろん紫陽花も素敵でした〜😁

2020年6月15日

ベニトンボ

画像で伝わるか分かりませんが、綺麗なピンク色をしたトンボなんです。

あわじ花山水を運営されているダンディ水田さんも「このトンボは見たことないな〜」とおっしゃっていました😁

調べてみると、どうやら「ベニトンボ」という種類のトンボのようで。雄の個体がこのようにピンク色らしい。

南方系のトンボで、もともとは東南アジアが生息域。

日本では1954年に鹿児島で見つかってから、1980年代に沖縄・九州地区、2000年代には四国で。つまり、ベニトンボは日本での生息域を北へと広げている最中。

今はどこまで列島を北上しているのか分かりませんが、淡路島の秘境の住人・水田さんが「見たことないな」と言うわけですから、まだ淡路島でも珍しいのでしょう。

園の中央にある鯉が泳いでいる池の周りを飛んでいたので、花山水に紫陽花を見に行かれる方は、ぜひベニトンボも探してみてくださいね。ピンクでとっても綺麗ですよ〜😁

もちろん、紫陽花も綺麗です❗️

ベニトンボの話で終わってしまうと、あれなんで・・😅

今年の紫陽花も少し載せますね😁

ちゃんと猫ちゃんも、トトロもいましたよ〜。

紫陽花ロードは相変わらず圧巻

紫陽花ロード

珍しい紫陽花もたくさんあって

紫陽花

ベニトンボの色に似た紫陽花も😁

紫陽花

午前中に行くと、ハスの花も見られるよ!

ハスの花

花山水に行くなら、ハスの花が開いている、午前中の方がお得です❗️

午後になると花がしまってくるそうで。今日僕らが伺った時には、既にCLOSED😭

みなさんは、ぜひハスの花も見てくださいませ。

ちなみに、花が咲く時には「ポン❗️」と音がなるらしいですよ。

花が開くのは朝5時頃らしいので、その音は聞けないんですけどね😁

その他、もっと「あわじ花山水」を知りたい❗️という方は、下の去年のブログ記事も参考にしてくださいませ。もう少し詳しく園内を紹介しています🤗

今年も素敵に咲き乱れている紫陽花を楽しんでくださいね❗️

あわじ花山水の行き方

あわじ花山水の入り口

あわじ花山水は、洲本市千草にあります。

淡路島の東海岸、洲本城の近く。AEON洲本店から車で15分程度です。

千草川沿いに車を走らせると、ほぼ一本道ではありますが、最後の1kmほどは山道になるので運転には注意が必要です。特に休日は、車ですれ違う可能性が高くなると思いますので、安全第一で🤗

カーナビに住所をセットすれば辿り着ける場所です。

あわじ花山水の住所

兵庫県洲本市千草戊60

ちなみに、あわじ花山水は「あわじ花へんろの」一つ。スタンプも集めてくださいね〜。

あわじ花山水2020の基本情報

あわじ花山水の看板
開園時間9:00-18:00(入園17:00まで)
入園料500円(中学生以上)
開園期間2020年7月5日まで
住所兵庫県洲本市千草戊60
電話番号0799-22-7300
備考ペット同伴は不可
当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら