淡路島・本福寺水御堂は安藤忠雄氏の設計。地下にある本堂の厳かな雰囲気を一度体験してみては

本堂へは蓮池の中を降りていきます。少し不思議な感覚でした。

朱色の本堂にさす採光が本尊の薬師如来(やくしにょらい)をより神々しく感じさせ、その厳かな空間に時間を忘れて浸ってしまいました。

本福寺水御堂 ポストカード

本堂内は撮影禁止でしたので、販売されていたポストカードを撮影。さすがに、ここまで輝いてはいませんでしたが、とても素敵な本堂でした。

本福寺水御堂とは

本福寺は、京都の旧御室御所と称される真言宗御室派総本山仁和寺の末寺で、平安後期に創建されたと伝えられる真言密教の寺院である。水御堂は、本福寺の本堂として建立された。

境内にたてば、大阪湾を一望することができる。果てしなく続く海とともに、澄み切った青空の下に山並みが彩りを添える。

空と海が目いっぱいにひろがるこの地は、まさに真言宗開祖弘法大師の御尊名どおり空海の里である。

春には淡路四国第五十九番霊場として、お遍路さんの鈴の音で賑わう。

水御堂でいただいた解説から引用
本福寺水御堂

こちらが本福寺の正面。ちなみに手前が駐車場になっています。

国道28号線から、ちょっと入った場所ですから、カーナビに住所セットで迷うことはないと思います。

本福寺水御堂の住所

兵庫県淡路市浦1310

阪神・淡路百名所、ひょうご文化100選でもあるようですね。

本福寺水御堂

かわいい黄色のスイレンが咲いていました😁

スイレン

本福寺水御堂の様子

正面の階段を登ると、弘法大師さまがポツンと。他には何もなく、本堂のある右側へ促されます。

本福寺水御堂

本堂方面へ行くと、お墓がずらり。本福寺水御堂は少し小高い場所にあるので、浦の海が見下ろせます。ご先祖様も気持ちいいでしょう😁

本福寺水御堂からの眺め

本堂はもう少し上です。といっても、青い看板まで。

本福寺水御堂

看板を左に曲がると石碑があり、この先が本堂です。

本福寺水御堂

本福寺水御堂 蓮池の様子(5月中旬)

突如、コンクリートの壁が現れます。ここからが安藤建築だと思われます。

本福寺水御堂

ちなみに、右側には鳥居があり、この先には神社があります。

本福寺水御堂

コンクリートの門をくぐると、左に少しカーブしています。ここを過ぎると、ついに

本福寺水御堂

蓮池❗️

本福寺水御堂

大きくて全体を写すことはできませんでしたが、池が楕円形になっており、中央に地下へと続く階段があります。

本福寺水御堂 蓮池
本福寺水御堂 蓮池

スイレンの花は、まだそんなに咲いていませんでした。おばちゃんに聞いたら、「花も暑さに負けとんねー。6月になったら綺麗だと思うよ」とのこと。これからが見頃ですね。

本福寺水御堂 蓮池

ちなみに、ここでは約2000年前の地層から発見された大賀ハス(古代ハス)があり、全国的にも珍しいそうです。ガイドブックでは6月〜7月がハスの見頃になっています。

本福寺水御堂 蓮池

本福寺水御堂 本堂の様子

この階段を下りて、左側に本堂があります。ちなみに、右側はトイレになっていました。

本福寺水御堂

ここで拝観料(大人400円・子人200円)をお支払い。代わりに、本福寺水御堂の解説をいただけます。

本福寺水御堂

弘法大師画像(寺宝)

入り口すぐの壁にかかっているのが、見事なハスの上に座っている弘法大師の画。

本福寺水御堂 弘法大師画像

日本南画院理事長・直原玉青が描かれたそうです。

本堂は、コンクリートの外壁にそうように、朱色の木造の建物があり、ここからは靴を脱いで上がります。

本福寺水御堂

カーブを曲がると、すぐに御本尊・薬師如来を拝むことができます。

撮影禁止ですので、ぜひ見に行ってみてください。

冒頭と同じ画像になりますが、こんな感じです。

本福寺水御堂 本堂ポストカード

この光が入った様子を、極楽浄土のようと表現される方もいます。

ちなみに、向かって右のスペースには、弘法大師坐像(寺宝)があります。

これもポストカードで失礼しますが、まさにこれ。(当たり前ですね^^;)

本福寺水御堂 弘法大師坐像ポストカード

目の前に立つと、なんだか見透かされているような気持ちになりました。

向かって左側のスペースには不動明王立像(寺宝)。

本福寺水御堂 不動明王立像 ポストカード

このポストカードには写っていませんが、手前にもう一体、黒い不動明王がいらっしゃいました。

本堂の部屋を退出して帰り際に、御本尊の背中にあった格子状の壁の前を通ることができます。

本福寺水御堂

くるっと本堂を一周まわるように、本堂入り口に戻ってきます。

スペースはとても小さいので、そんなに長くはいなかったと思うのですが、とても長い時間を過ごしたような不思議な感覚でした。

安藤忠雄氏の演出の妙でしょうか。

本福寺水御堂

あわじ花へんろ 第6番 花の札所

本福寺水御堂 花の札所

本福寺水御堂は、あわじ花へんろの一つ。これからが見頃だそうなので、ぜひ一度足を運んでみてください。池のスイレンが咲き乱れたら、とっても綺麗だろうと思います。

あわじ花へんろ巡礼まとめページ

あわじ花へんろを少しずつ巡っています。興味がある方はこちらも参考にしてください。

本福寺水御堂おまけ

最後におまけです。隣にあった神社は大昔の神仏習合の跡なのだと推測していますが、妙に気になる配置で石が4本立っていました。

本福寺水御堂 神社

正面から見ると、こんな感じ。

本福寺水御堂 神社

とっても意味がありそうで、こうなると四角の中央に行きたくなるのが心理。

本福寺水御堂 神社

奥さんは宇宙からパワーをもらっていました😁

何なんでしょうか、ここは。隠れたパワースポットでしょうか。その後、奥さんに変わった様子はありません。

以上、本福寺水御堂のご紹介でした❗️

安藤忠雄氏が設計した、全国的にも珍しい本堂だと思います。アクセスも便利ですから、お近くにきた際はぜひ立ち寄ってみてください。

本福寺水御堂の近くの淡路島グルメ

この辺りですと、人気のパン屋さん「フルール」、海の見えるカフェ「しらす」が近いです。ぜひぜひ😁

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、当サイト「淡路島に移住してから」を書いていきます!「プロフィールはこちら