令和元年度「洲本市地域おこし協力隊」が募集中!締切近いよ〜

淡路島にある3つの市(淡路市、洲本市、南あわじ市)のうち、島の真ん中に位置する洲本市で、地域おこし協力隊の募集が始まりました❗️

4月8日に募集が始まったばかりですが、活動部門によっては募集締切が4月22日までだったりします。募集期間がわずか2週間。ある意味、狭き門です。

そんな事実を知ったのは、淡路島・洲本市地域おこし協力隊のFacebook投稿でした。

つまるところ、次の2つの隊員に興味がある方は急ぎましょう!

・洲本市の歴史文化遺産並びに淡路島日本遺産を活用した、地域活性化事業に関する活動を行う隊員

・大学との域学連携、小規模集落の活性化、関係人口の増加、地域資源の利活用、市有古民家の活用、あわじ環境未来島構想の推進に関する活動を行う隊員

こっそり僕が応募しようと思っていたのですが、既に洲本に住んでいる人はダメみたいです。応募には条件があるので、詳細は洲本市のホームページでダウンロードできる募集要項をご確認ください。

■洲本市HP-平成31年(令和元年)度 洲本市地域おこし協力隊募集について
https://www.city.sumoto.lg.jp/soshiki/7/5203.html

100歩ゆずっても、淡路島は素敵な所です。ただ課題もたくさん抱えていて、地域おこし協力隊の活躍が本当に重要。やりがいのあるミッションですし、淡路島は可能性のある島だと思います。

というか、みんな移住してきたらいいのに。淡路島に来たら人生変わっちゃうと思うけどな〜😙

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら