物事を教えるのが上手いのは才能。息子に逆上がりを教えながら痛感…

こんにちは!

最近バタバタ忙しくなっていますが、「明日、逆上がりのテストだから教えて」と、急な予定を朝一にブッこんできた息子。

でも、父親としては、自転車と逆上がりは面倒をみなくてはいけないでしょう。

 

ということで、「一日でできる逆上がり」的なYOUTUBEをチェック。

「これならできるでしょ」っと意気込んで、学校が終わった息子を公民館裏の鉄棒に連行し、いざ練習開始!

 

逆上がり

 

「ひじを曲げて!」

「前足に体重かけて!」

「アゴひいて!」

「おへそを鉄棒につけるように!」

「つま先を回る方向へ」

・・・etc.

 

情報量が多すぎ😭すぐにできるわけない。

直前に注意したことはできても、その前に注意されたことが疎かになってしまう、モグラ叩き状態…。

 

「少し休憩しよう」と、ブランコにのるとこの笑顔😁

逆上がり

 

鉄棒の高さが合わないのかもしれないと、場所を小学校に移動して再チャレンジ!

逆上がり

 

「ひじを曲げて!」

「前足に体重かけて!」

「アゴひいて!」

「おへそを鉄棒につけるように!」

「つま先を回る方向へ」

・・・etc.

 

できないよね〜😭😭

 

 

野球部のボールが飛んできて危ないので、最後は幼稚園の鉄棒に移動するも、、、できず。

逆上りの息子

 

ごめんよ、息子。

上手く教えてあげることができなかったー😭

 

人に物事を教える才能ってありますよね?

僕にはないみたいっす。。

改めて、先生や指導者のすごさを痛感した次第です。

昔は、「先生」と呼ばれたいなぁ、なんて思っていたこともあったけど、やっぱり無理ですね😭

 

最終的に、「逆上がりって、できる必要ある?」と、奥さんに意見してみました。

「あるよ。できないことの過程も大事、そして、できた時の達成感を味わえるのが、逆上がりでしょ」と。

 

僕が間違ってました〜。゚(゚´Д`゚)゚。

 

明日のテストは難しいだろうけど、息子よ、諦めずに頑張ろうな😁