長女と長男を連れて、近藤先生の治療院へ。2人とも体調改善!

2018年7月5日

今日の淡路島は晴れ。青空が広い一日でしたね。

本日は中学一年生の長女が初めての中間テストで、答案用紙に名前を書き忘れるという古典的なミスをした一日にもなりました。

テスト期間で部活動がないのを活用して、長女と長男を淡路島のゴッドハンドこと、近藤先生の治療院へ連れて行きました。

 

実は僕だけではなく、今では奥さんも通い始めているのですが、ついに今日で家族全員を診てもらうことになりました。

長女は小学生の時に足首を剥離骨折してから、今でも時々右足首が痛いというので。長男は鼻づまりが酷いのを診てもらいたくて。

まずは長男から。

 

近藤先生が長男を治療中

 

慣れない場所にどうなるかと思っていましたが、近藤先生の接し方が上手い。長男の気分を乗せながら、しっかり治療をしてくれました。

頭蓋骨から背骨、骨盤、尾てい骨まで全体的に治療していただき、詰まっていた鼻も治療後にはだいぶ通るように。長男も「楽になった!」と、嬉しそうに話していました。

 

近藤先生が長男を治療2

 

僕としては、長男がしっかり外の人(近藤先生)の質問に、自分の言葉でしっかり受け答えができていたことに成長を感じましたね。

ただ、次のお姉ちゃんの番になると、ジッとしていられずに室内をグルグル。ソファに寝転がったり、先生の机の下に入ったりで…。今日の治療を機に、少し落ち着きのある少年になってもらえることに期待です。

普段の姿勢からくる影響が大きく、長女の治療中に、YOUTUBEは週2日・一日30分を近藤先生と約束していた長男くんでしたー。

 

近藤先生が長男を治療3

 

 

そして長女はというと、足首だけでなく、むしろ首から上の方が悪かったみたい。。頻繁に「あー、頭痛い」というのは聞いてたけれど、首に原因があったんですね。

まずは現状がどうなっているのかを模型を使ってレクチャー。近藤先生は、自分の身体がどうなっているかを知ってもらうことで、本人が改善することに意識を高めてもらえると考えているんだそうです。

近藤先生が長女にレクチャー

 

そして、骨を動かしていきます。

 

近藤先生が長女を治療中2

 

頭蓋骨も動かしていく。

 

近藤先生が長女を治療中3

 

他にも肩から腰、もちろん、足も。

近藤先生が長女を治療中4

 

しっかり指先まで。

近藤先生が長女を治療中5

頭の先から、足の指先まで治療してもらった長女は、「なんか飛べそう!」と全身が軽くなったと、歩き心地を確かめながら楽しそうでした。

 

長女が軽快な歩き

 

しゃがみ込む座り方も痛くてできなかったらしいけど、「えっ、できる!」と本人も信じられない様子。

長女がしゃがみこむ

 

よかったね。

 

さて、身体の状態が良くなったところで、今週末の陸上大会は好成績を期待できますかね。

その前に明日の中間テストの成績かな。せめて名前は書いてくれよー。