淡路島・FUKUototo㊗️2022年2月オープン❗️至極の熟成魚🤩テイスティングランチコースを堪能してきました〜

2022年2月23日

縞鯵のにぎり
縞鯵(熟成13日目)のにぎり

「福魚」と書いて、FUKUototoフクオトト

2022年2月22日、遂にオープン🎉🎉🎉

また、淡路島の南端・福良に面白いお店ができましたね🤩

去年の春頃からかな? 細かい記憶はありませんが、インスタグラムでFUKUototo福魚さんの美味しそうな投稿をチェックしていて、長らくオープンを待ちわびていたお店でした。

FUKUototo福魚は、扱う料理分野がとても面白くて、「熟成魚」の専門店❗️

熟成魚は、新鮮な魚を捌いてすぐに提供するのではなく、あえて魚を寝かせて旨味を引き出す手法で、一般的にお寿司屋さんが行うものですね。

僕も釣りをするので、ハマチが釣れた時は冷蔵庫で2〜3日寝かすと旨味がでることは実体験から知っています。

ただ、FUKUototo福魚の熟成魚がすごいのは、寝かせる日数が普通ではありません。

温度や湿度を徹底管理できる特別な熟成部屋で、時に10日以上も熟成します。まさに魚の旨味を限界まで引き出す技術を追求している熟成魚の専門店なのです。

さらに❗️というか、長期熟成させるためには必須なのかもしれませんが、魚の締め方も一級品。「究極の血抜き」で知られる津本式の公認を受けています。

津本式公認

様々な技術と経験(実験)を積み重ねて生まれた、FUKUototo福魚の熟成魚。

店主さんに話を伺っていると、探究心がハンパではなく、これから更に進化を遂げていくと思いました。

FUKUototo福魚の店主さん

FUKUototo店主・薮さん

こちらがFUKUototo福魚の店主・藪さん。

この日、初めてお会いしましたが、一言で表すなら「好青年」でしたね😊

薮さんは淡路島・福良出身。ご実家が水産業をされているいので、小さい頃から魚とは縁深く育ったそうです。

本格的に料理を学び始めたのは3年前とのこと。

「お客様を前に調理をするのは緊張しました」と、おっしゃっていましたが、調理をしている姿、その眼差しは素敵でした。

薮さんが調理している姿

たぶん、調理の緊張を差し引いて余るほど、仕込んでいる熟成魚に自信があるのだと思いましたね。

だって、美味しいんですもの🤤

FUKUototo福魚で食べた熟成魚テイスティングコース

FUKUototoのメニュー

この日の熟成魚テイスティングコースは、このラインナップ。毎日内容は異なるそうですので、参考程度にご覧ください🙇‍♂️

コースの最初から、サラッとご紹介していきます。

薮さんが骨スープを出してくれる

まず、薮さんが出してくれたのは、骨スープ。

骨スープ

タイやブリなど、色々な熟成魚の骨で作ったスープ。

とっても複雑で、優しい味でした。

続いて、菜の花としらす。

菜花としらす

鰤大根。

鰤大根
ひーちゃんアイコン
ひーちゃん

鰤がめっちゃ美味しかった❗️とっても好きな味でした😍

お造り。

熟成魚のお造り

熟成期間は、真鯛が8日目、平目は12日目とのことでした。

真鯛
淡路島BASE
淡路島BASE

どの熟成魚も甘味がすごいんです❗️

ガリ。

ガリ

写真では分かりづらいですが、とっても小さくて可愛かった😍

生姜も美味しかったし、ロマネスコのピクルスも好みでした。

そして、いよいよ握り。

熟成期間13日目、縞鯵の握り。

縞鯵のにぎり

ガラスの上にのせられた映え握り🤩

映え握りを食べる奥さん

熟成期間12日目、平目の握り。

平目の握り

写真では分かりませんが、ネタとシャリの間に、熟成肝が入っているんです❗️

それはもう、美味しかったですぅぅ🤤

熟成期間13日目、鰤の握り。

鰤の握り

シャリが少し茶色っぽいのが分かりますかね。

この日、テイスティングさせていただいた握り3種は、全て赤酢を使用したシャリでした。

小丼。

熟成期間13日目、勘八の漬け丼。

漬け丼

写真では伝わりませんが、脂ノリノリで、カンパチの表面が七色に光っていましたね😁

カンパチ

そして、骨ソーメン。

骨ソーメン

最初に出てきた骨スープをベースとしたソーメン。

これも美味しかったですね。このまま素麺屋さんをすれば、間違いなしの味でした。

そのうち、スープだけ販売するかもしれませんね😁

ひーちゃんアイコン
ひーちゃん

ラーメンにしても絶対美味しい❗️

コースを締めくくるのは、嫁のデザート。

嫁のデザート

お品書きに「嫁のデザート」とあって、どんなものかと思いましたが、と〜ってもレベルの高い、チョコレートプリン❗️

表面1mmくらいがチョコレートで覆われていて、食感も飽きることなく、すごく美味しかったです😋

FUKUototo福魚店内の様子

FUKUototoの店内の様子

店主・薮さんの黒好きが店内の隅々までいきわたっています😁

エアコンの白いカバーも黒テープで覆ってましたし。

店内はカウンター4席のみ。

ちなみに、このカウンターは淡路島・慶野松原の家具屋「PATRASCHEパトラッシュ」さんが手掛けたそうです😊

一日一組ですから、周りに気兼ねなく食事が楽しめるお店です。

店主さんとも、ゆっくりお話ができますよ😁

FUKUototoの店内の様子

FUKUototo福魚の行き方

花輪

FUKUototo福魚があるのは南あわじ市の福良エリア。福良漁港の真前ですね。

道の駅 福良の前の道を、漁港方面へ道なりに進んでいくと1分くらいで右手に黒のシックな建物が現れます。

ひらけている場所で建物も目立ちますから、迷う心配はないと思います。

駐車場も店舗前に停められますよ👌

FUKUototo店舗外観

ちなみに、ランチは要予約制です。

熟成魚はオンライン販売をされていて、全国発送が可能とのこと。

下に各リンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください🤗

FUKUototo福魚の基本情報

FUKUototo店舗外観
営業時間12:00-15:00
※ネットより要予約制
予約サイトhttps://coubic.com/fukuototo
オンラインショップhttps://fukuototo.theshop.jp/
住所兵庫県南あわじ市福良乙1663-4
電話番号0799-53-6233
SNShttps://www.instagram.com/fukuototo/

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

\(≧∇≦) フォローありがとう/