淡路島・ラ カーサ ヴェッキアで結婚記念日ランチ❗️素敵な古民家レストランで、素材にこだわった至福のイタリアン🤤

2021年7月10日

パスタ

淡路島が誇る古民家イタリアン「ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIA」に、初めて足を運びました〜😆

ずっと行きたい!行きたい!と、心の中で叫んでいたお店のひとつでした(←そんなお店がまだたくさんあります)。

先日、18回目の結婚記念日を迎え、その記念にと伺いましたが、ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAは、想像以上に素敵なお店でした😊

ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAの様子

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)の店内の様子

まず持って、お店の雰囲気がいい。

堂々とした梁が縦に横に伸びる立派な古民家で、その所々に、お店を営むご夫婦の丁寧な暮らしぶりが垣間見えるのです。

店舗外にある薪

店内は隅々まで清掃が行き届いています。

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)の店内の様子

カウンターには、自家栽培した小麦もディスプレイされていました。

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)の店内の様子

僕らは窓側の席を用意していただけたのですが、この席からの眺めが素晴らしいこと、この上なし。

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)の店内の様子

庭に咲く大輪の紫陽花と、奥には海も眺望できます。

ゆったりしたBGMが流れる中、旧暦をもとにした24節気の季節にあった、旬の食材をいただきました。

ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAのメニュー

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)のメニュー

僕らが伺ったとき、24節気は「小暑」。梅雨明け、夏の始まりでした。

ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAで食べたランチ

オリジナルドリンク

お料理の前に、飲み物を注文。赤紫蘇と梅、どちらも自家製オリジナルドリンクで、その美味しさに驚きでした。

グラスがキンキンに冷えていて。コース終盤まで、グラスから冷気が出ていましたね。

ドリンクが美味しすぎる
ひーちゃん
ひーちゃん
こんな美味しいの家で作れたらなぁ

最初に出てきたのは、幻種農場の成平いんげんに、たっぷりの自家製チーズ。

いんげん

このチーズが、主張しすぎず、これまたいい塩梅なんです。

自家製チーズ

ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAは、自家製が多く、素材へのこだわりを感じました。

続いて、魚の前菜。

中を見る前に、既に器を見ただけでテンションMAXの奥さん😁

魚の前菜

スタッフさんが、蓋を取ってくださり。

見えてきたのは、玉ねぎ。

魚の前菜

その中に隠れていた地魚は、なんと、はも❗️

鱧

淡路島の夏の地魚と言えば、鱧ですよね。

鱧は身がホロホロなので、箸で持つと崩れることが多いのですが、身がしっかりしていましたね。

塩麹で漬けてあるらしく、その事と関係しているのかな。

旨すぎる冷製スープは、とうもろこしと玉ねぎ。

添えてある生ハムは、自家製らしく。思わず、「エッ、これも自家製⁉️」と声が出ました😁

とうもろしこしと玉ねぎスープ

2種類の自家製パンは、玉ねぎとローズマリーのフォカッチャと、自家製すももを酵母にしたパン。

自家製パン

続いて、パスタ。

幻種農場のお野菜と、自家製チーズがたっぷり。

パスタ

中に隠れた麺は、自家栽培の小麦に平飼い卵をねりまぜたオリジナルの手打ち麺🤩

手打ち麺

お肉は、椚座牛❗️この日は、イチボ(お尻の部分)でした。

椚座牛

ここで僕は気づきました。

鱧といい、パスタといい、このお肉といい、メインを隠すのがワクワクさせるポイントやなと😁

お肉の上に乗っているルッコラは、調理する直前にお店の前の庭で摘んだ新鮮なものを使用してくれています。

そんなルッコラをかき分けると、素敵な焼き目が入った椚座牛がこんにちは🤩

椚座牛

そして、コースのデザート。キャロットケーキも、ものすごく美味しかった❗️

キャロットケーキ

上手い表現は見つかりませんが、パラパラっとまぶしてある黄色い粒々は、オリジナルのにんじん塩❗

️にんじん塩って、なに❓と思いましたが、これまた程よい塩味が素晴らしく。個人的には、このケーキが一番驚いた❗️ってくらいの美味しさでした😋

最後に、自家製のホット麦茶をまったりいただき。コースをすべて終えた瞬間に、「また来たい」と思わせてくれる至福のランチでした。

24節気の全ては、食べられないかもしれませんが、また秋に訪れたいなぁ😊

今さら僕がおすすめするまでもありませんが、スタッフさんの接客も含めて、ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAは最高です。

事前予約制なので、その点だけご注意くださいませ🤗

ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAの行き方

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)の行き方

ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAは、淡路市釜口エリアにあります。

国道28号線沿いにあるガソリンスタンド「A・OIL」の脇の道を、山側に曲がります。

ここを曲がると、あとは看板が出ていますので、迷う心配はありません。

400mくらい山側に進んで、右折。

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)の行き方

100m弱で、左折(到着)です。

ラ カーサ ヴェッキア(LA CASA VECCHIA)の行き方

国道28号線を山側に曲がったら、車で2〜3分くらいだと思います。

ラ カーサ ヴェッキアLA CASA VECCHIAの基本情報

看板
営業時間11:30-
18:00-
※要予約制
定休日火曜日、水曜日ランチ、月1回不定休
住所兵庫県淡路市釜口1225
電話番号0799-74-6441
不定休などもあると思いますので、ご心配な方は事前連絡の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら