淡路島・彩翔㊗️2021年1月OPENのラーメン店❗️くせになる豚骨スープに、ラー麦使用の麺が絡んで旨み〜😆

2021年1月14日

彩翔は現在は営業しておりませんので、ご注意ください。

以下の記事は、記録として残しておきます。


彩翔(いろと)のとんこつラーメン

「ラー麦」って、聞いたことありますか❓

個人的には初耳でしたが、福岡県で作っているラーメン専用の小麦らしいです。

実際、少し細めのストレート麺が、豚骨スープとよく絡んで美味しかった〜👌

これまたスープがやみつきになる味でして。ついついレンゲに手が伸びる😆

ちなみに、「こってり」と「あっさり」を選択可能です。僕は「こってり」をチョイス。

彩翔(いろと)のとんこつラーメン

トッピングなしのノーマルのラーメンですが、チャーシューの存在感があるでしょ〜。

チャーシューは薄いタイプではなく、肉厚めです。

彩翔(いろと)のチャーシュー

初回訪問だったので仕方なかったのですが、替え玉すればよかった、、_| ̄|○

気がついた時には、もうスープの大半をすすっていて、泣く泣く諦めました。。

ほんと、スープのご利用は計画的に😆

腹ペコ男子は、替え玉推奨です❗️

奥さんは「あっさり」を注文したのですが、お互いラーメンに没頭してしまい、最初に写真を撮り忘れ😂

スープだけの比較になりますが、こんな感じです。

彩翔(いろと)のラーメンスープ

左があっさり、右がこってり。

僕個人の感想ですが、「あっさり」でもスープはしっかりしています👌

逆に、「こってり」とはいえ、そこまで激しいコテコテ感はないように思いました。

彩翔いろとのメニュー

彩翔(いろと)のメニュー

ラーメンのメニューは、今のところ「とんこつらーめん」と「ちゃーしゅーめん」の2種類です。

替え玉をしないのなら、ご飯系をプラスするのもありですね😁

メニューの内容は変更等があると思いますので、あくまでも参考程度にご覧ください🙇‍♂️

彩翔いろとの店主さん

彩翔(いろと)の店主さん

彩翔いろとの店主は、淡路生まれの安田さん。

最近まで淡路市野島にあるカントリーガーデン・safsafでハンバーガーを作られていたそうです。

誰かに淡路島バーガーを勧める時には必ずというほどsafsafを推していますが、ラーメンも美味しい❗️

野球できる人がサッカーできるのと同じ理論ですね(違うか😅)

淡路に戻ってくる前は、豚骨ラーメン激戦区の九州に居た経験もあるそうで。ラー麦を使用したりするのも、その辺のコネクションからきているのかな❓❓

SNSはあまり得意じゃないとのことで日常的な情報発信は少ないかもしれませんが、明るくてとっても気さくな店主さんですので、興味のある方はぜひ色々聞いてみてくださいませ😊

彩翔いろとの行き方

彩翔(いろと)の行き方

彩翔いろとがあるのは、淡路市浦エリア。国道28号線沿いで、お店の前から「浦港前」の信号が見えます。

お隣はローソン。こっちの方が目印になるかもしれませんね。

駐車場はお店の横にある道を50mほど行った先、左手にあります。

彩翔(いろと)の駐車場

道が細いので、安全第一で🙌

彩翔(いろと)の店舗外観
自転車用ラックも完備👌
彩翔いろとの住所

兵庫県淡路市浦890-1

彩翔いろとの店内の様子

彩翔(いろと)の店舗入口

彩翔いろとの店内は、まず入ると、カウンターが4席。

彩翔(いろと)の店内の様子

この日は偶然にも、影のグルメ王にバッタリ遭遇😁

いつも奥さんがお世話になっている、島の鍼灸師・岡田先生です。今年もよろしくお願いいたします🙇‍♂️

話が逸れましたが、カウンターの後ろにはお座敷席も2部屋。

彩翔(いろと)の店内の様子

もともとお好み焼き屋さんだったそうで。掘り炬燵式になっていて、居心地も良さそうでした。

お店には、10人くらい入れるイメージでしょうか。

大きなお店ではありませんが、ラーメンは回転率が早いですからね😁

国道沿いにあるアクセス便利なお店ですので、機会があればぜひ足を運んでみてください🙌

彩翔いろとの基本情報

彩翔(いろと)のオブジェ
営業時間ランチは、11時頃〜14時頃まで
定休日オープン間もないため不定休(落ち着いてきたら、定休日を決めるそうです)
住所兵庫県淡路市浦890-1
電話番号0799-75-2758
変更などもあると思いますので、ご心配な方は事前確認の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら