淡路島・そばカフェ生田村でランチ❗️挽きたて打ちたての蕎麦が美味しい😆鴨せいろは、冷たい出汁も付いてるよ🤩

鴨せいろ

久しぶりに蕎麦を食べてきました〜😁

今回は淡路島の上の方にある山の中、生田村にGO🚗💨

お店の裏側には、こんな素敵な棚田が広がっていて。

生田村の裏にある棚田

この生田エリアで育てたソバを使用しているそうです。

生田村のそばの花

しかも、そばカフェ生田村では、お客様の入り具合をみながら、挽きたて打ちたてを提供してくれます😊

蕎麦をうっている様子

この日、奥さんが注文したのは鴨せいろ。

鴨せいろ

洲本市の合鴨農法グループから仕入れている良質な鴨と、淡路島の玉ねぎ🤤

鴨せいろのお肉と麺と玉ねぎ

温かい鴨汁に加えて、冷たい出汁も付いていてビックリ。

カフェそば生田村の鴨せいろは、一つで二度美味しいメニューでした🤗

冷たい出汁で蕎麦を食べる
ひーちゃん
ひーちゃん
鴨肉やわらかくて美味しかったよー

僕は、一番ベーシックな生田村そばを注文。ランチの前に、アイスクリームを食べていたこともあり、大盛にはせず普通盛りで😁

生田村そば

シンプルなざる蕎麦ですが、麺にコシがあって、とっても美味しかったです😊

最後のそば湯まで、しっかり飲み干しちゃいました。

そば湯

ボリューム的には、お腹の空いている男性だと少し足りないかも。お腹にアイスクリームが入っていなかったら、腹7分くらいだったと思います。

あとあと、席に座ったら、お水と一緒にそばを揚げたお菓子をいただき。ポリポリしながらお蕎麦を待つのが、なんかいい感じでしたね😊

蕎麦をあげたもの

そばカフェ生田村は、土曜・日曜・祝日のみの営業。棚田の風景も綺麗ですから、ぜひ淡路島観光をされている方も足を伸ばしてみてください😊

そばカフェ生田村の行き方

淡路島の森の中の道

そばカフェ生田村は山の中にあります。

運転に自信のない方は、淡路島の西側・サンセットライン(県道31号線)の方からアクセスすると、基本的に舗装道路を走れるのでおすすめです。

反対ルートは、東山寺経由だと、まぁまぁの山道を通ることになるかもしれません。

そばカフェ生田村に向かう道

駐車場はお店の前に広くあるので、安心ですよ。

そばカフェ生田村は、保育所だった場所を改装したお店です
そばカフェ生田村の住所

兵庫県淡路市生田畑152

そばカフェ生田村の店内の様子

外観からは想像できないのですが、店内は木造感たっぷり。大窓から差し込む心地よい光とあいまって、とても温かい雰囲気でした😊

部屋には薪ストーブがあり。これから寒くなってくると大活躍するんでしょうね。

子供椅子も、バッチリありましたので、小さなお子様連れでも安心です👌

そばカフェ生田村のメニュー

そばカフェ生田村のメニュー
メニューは変更等があると思いますので、参考程度にご確認ください

今回は注文していませんが、気になったのは卵かけご飯ですね。

メニューと一緒に、「美味しい卵かけご飯の食べ方」なる指南があり。

美味しい卵かけご飯の食べ方

店内の壁には、こだわりの有機卵・菊花卵のポスターも。

菊花卵のポスター

次回はもっとお腹を空かせて足を運びたいと思います😁

そばカフェ生田村の基本情報

そばカフェ生田村の入口
入口の横にある大きな窓から、そばをうつ様子が見学できます
営業時間11:00-15:00
営業日土曜・日曜・祝日 ※年末年始は休業
住所兵庫県淡路市生田畑152
電話番号0799-70-1478
変更などもあると思いますので、ご心配な方は事前確認の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら