淡路島・立川水仙郷は、約400万本の水仙が咲き乱れる洲本八景のひとつ❗️見頃の2月に行ってきたよ〜い😄

2020年2月10日

淡路島・立川水仙郷

はい、噂以上に咲いていませんでした〜😅

今年は暖冬ということで、まだ水仙が目覚めていないらしい。

園内に立て看板も出ていましたが、一定期間、低温が続かないと水仙は起きないんですね。

立川水仙郷の立て看板

逆にいうと、これからが見頃❓になるんですかね・・・それだったら嬉しい😁

本来、立川水仙郷には約400万本の水仙が群生。ホームページから画像をお借りすると、下のような景色が広がります。

立川水仙郷
画像出典:立川水仙郷ホームページ

また、いろんな品種の水仙を楽しめるのも、立川水仙郷の魅力です😁

  • 日本水仙(1〜2月)
  • 黄房水仙(2〜3月)
  • ラッパ水仙・白房水仙・すずらん水仙(3月)

凸凹ではありますが、水仙園は車椅子もOK。実際、この日も車椅子のお客様がいらっしゃいました。

立川水仙郷の入園料金

立川水仙郷割引券
画像出典:立川水仙郷ホームページ

基本的には下記料金ですが、季節や開花状況によってホームページで割引券を発行している場合がありますので、行かれる方はチェックしてみてください🙌

大人500円
小・中学生300円
幼児無料
障害者割引ご本人半額

立川水仙郷の行き方

洲本八景4(水仙郷の四季)

立川水仙郷は、淡路島の南側・由良エリアの山の中にあります。

由良漁港から、車で10〜15分くらいの場所です。

基本的に一本道なので迷うことは考えにくいですが、山のカーブがきつい場所があるのと、水仙が咲く季節は車とすれ違うことも多いので、スピードは控えめがおすすめです😁

ちなみに入口から水仙園までの道のりも急坂。ここは最徐行で🤗

立川水仙郷の住所

兵庫県洲本市由良町由良2877-22

ちなみに、立川水仙郷からの眺めは、洲本八景(水仙郷の四季)のひとつ。この場所からは、水仙郷を足下に、紀淡海峡を望むことができます。

立川水仙郷から見る紀淡海峡

立川水仙郷の様子

立川水仙郷の様子

立川水仙郷といえば、「水仙園」と「ナゾのパラダイス」ですが、ここではナゾのパラダイスは扱いませんよー😄

ということで、こちらが水仙園の(だいたいの)全景を捉えてみた写真。

立川水仙郷の様子

くるっと一周まわれるように道があり、全長は200mくらい(←適当です)。

立川水仙郷の様子

黄房水仙は、奥の方にチラホラと。

水仙

水仙園の下からの撮影。入口は、画像中央・少し上あたりにある白い縦長の建物です。水仙園はだいぶ窪地にあるのが分かります。

僕らは、10分足らずで一周してしまいましたね。

立川水仙郷の様子

あわじ花へんろ

あわじ花へんろ 花の札所 第32番 立川水仙郷

少し寄って、それっぽい写真を撮ってみました😁

水仙

健康長寿観音

健康長寿観音

UFO神社

水仙郷の上には、全国的にも珍しいというUFO神社も。詳しくは知りませんが、撮影だけしてみました😄

UFO神社

UFO神社の隣に、布袋尊さん❓

布袋尊

龍神神社

こんな神社もありましたね。ここからの眺めはよかったかな😁

龍神神社

僕は歩いてこれらの神社に行ってしまいましたが、結果としては、水仙園を観賞し終わってから出口に帰る道すがら車でも行けました。

もし神社に行かれる方は、水仙園の観賞後、車で行かれることをおすすめします。

立川水仙郷の基本情報

開園時間9:00-17:00
休園日年中無休 ※水仙観賞は開花時期のみ
住所兵庫県洲本市由良町由良2877-22
電話番号0799-27-2653

立川水仙郷の近くにある淡路島グルメ

この辺りだと、海鮮系で有名な新島水産(本店)と旨いお肉しか出さないことで有名な丸福が近いです。ぜひぜひ😁

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら