淡路島でロードバイクに家族で初挑戦❗️里山散歩コース13kmは、都会では味わえない爽快感😆日帰り観光におすすめ〜

2020年2月9日

淡路島で家族サイクリング

念願のロードバイク❗️初ライドしてきましたっ😆

なんとも言えない爽快感です🚴‍♂️🚴‍♀️

他を知りませんが、淡路島の自然を感じながら走れるコースの魅力は大きい。

敷居が高いと思っていたロードバイクでしたが、奥さんと息子(小学2年)、家族三人で大満喫🤩

神戸・大阪の方には、淡路島の日帰り体験観光として「都会では味わえない里山サイクリング」は超おすすめです❗️

今回僕らは、三人全員が初心者ということで😅

ロードバイクの乗り方の指導から、コースガイドまでお願いできるCyclism AWAJIシクリズムアワジにお世話になりました。

Cyclism AWAJIシクリズムアワジの行き方

東浦バスターミナル

Cyclism AWAJIシクリズムアワジは、淡路島・東浦バスターミナル内にあります。

高速バスがダイレクトに停まる場所ですから、自動車を持っていなくても、新神戸や三宮、舞子などから1時間程度でアクセス可能です。

自動車でも、東浦I.C.をおりて2分程度。敷地内にコインパーキング(最初の2時間無料)があるので、駐車の不安もありません🤗

東浦バスターミナルのコインパーキング

Cyclism AWAJIシクリズムアワジの荻野さん

シクリズムアワジの荻野さん

今回はCyclism AWAJIシクリズムアワジの荻野さんにガイドをお願いしました😁

荻野さんはロードバイクメーカーで働かれていた生粋のサイクリスト❗️

淡路島でのライド歴は7年、アワイチ(淡路島一周)はもちろん、淡路島の観光名所・映えスポット・グルメなお店まで、島中を隅々まで知り尽くされています。

そんな荻野さんにおすすめいただいた初心者コース3つのうち、僕らは「淡路島里山散歩のちブランチサイクリング」を選択。まずはロードバイクの乗り方から教えていただくことに😄

車の来ない安全な場所で、乗り方を指導してもらう

キッズバイクの乗り方を指導中

この日を楽しみにしていた小学2年の息子(身長130cm弱)。

家にある自転車は、幼稚園の頃に購入したもので、数年前まで補助輪が付いていたほどの小型車。ギア付きの自転車に乗るのは、この日が初めてでした。

しかし、さすが名ガイド❗️

もしかして小学校の教員免許でも持ってますか❓と思うほど、優しく丁寧に息子を乗せていく😁

キッズバイクの乗り方を指導中

100mを3往復くらいしたら、一人で乗れるようになりましたね😁

続いては、奥さん。

E(Electric)-BIKEという電動アシストクロスバイクをレンタルしたのですが、こちらはデジタル操作でギアを変換するらしい😯

E-BIKEの操作方法を指導中

ロードバイクの停車姿勢なども教わり

E-BIKEの乗り方を指導中

「何これ、すご〜い」と、E-BIKEの乗り心地に驚きの様子でした。

E-BIKEでスーイスイ
Right Caption
ひーちゃん
ひと漕ぎしたら、スーーーって進むの❗️これ、すごいラク〜♪

僕は、カーボンロードバイクをレンタル😆

カーボンロードバイクをレンタル
Left Caption

淡路島BASE

カッコいいし、何より軽いのに驚いた❗️

当然、僕も基本姿勢などを教わり、ロードバイクの乗り心地を確認。ただ、カメラマン不在ということで、写真はないの・・😅

ハンドサインの指導をうける

最後は、落下物への注意喚起や停車などのハンドサインをレクチャーしてもらい、いざ出発❗️❗️

里山コースは、車通りが少ない安全な道を爽快に走れる

初心者ですし、子供もいるので、安全面は気になっていましたが、まったく問題ありませんでした。

コースの98%(←個人的な感覚)は国道を避けたいわゆる裏道。

ガイドの荻野さんを先頭に、淡路島の里山へGO🚴‍♂️🚴‍♀️

里山のアップダウンが良い刺激

ロードバイクで里山のアップダウンをのぼる

息子は「上り坂が大変だったよ」と家に帰って言っていましたが、その表情は初ライドの楽しさを物語っていたように思います。

最後まで走りきれたことは自信になったろうし、適度なアップダウンがある方が絶対面白いでしょ😁

学校に行ったら、13km走ったって、友達に自慢するんだぁ

E-BIKEは、急な坂でもラクチン

この日、一番驚いたのはE-BIKEのすごさ。

ここまで文明の力が発達しているとは知りませんでした。

奥さんがあんまり「ラクだ、ラクだ」と言うので、僕も急坂で試し乗りしてみたのですが、笑っちゃうくらいにラク😁

誰かが背中を押してくれているみたい。

E-BIKEなら、体力のない女性も大丈夫。アワイチ(淡路島一周)いけちゃうんじゃいないかと勘違いしそう😄

Right Caption
ひーちゃん
ラク過ぎるから、あえて少しだけ負荷をかけて楽しんだよ😄

ここは森のトンネルみたいだった

絶景ポイントで記念撮影

坂をのぼれば、絶景にも出会える😁

初ライド記念写真

淡路島の自然たっぷりの里山を、海を目指してくだるのも気持ちいい🚴‍♂️🚴‍♀️

淡路島の里山をライド

途中、謎のオブジェと遭遇したり😆

淡路島の里山をライド

季節の花をみたり

淡路島の里山をライド

神社で休憩したり

釜口八幡神社

ここでは、お腹が空いた息子が、おにぎりを2個消化するのをしばし待つ・・😆

釜口八幡神社でおにぎりを食べる

ナイスブルーを横目に海風を感じながら、お昼の休憩地点までラストスパート💨

釜口の海

淡路島百景にも数えられている仮屋漁港を走り抜ける

仮屋漁港を駆け抜ける

人気のパン屋さんでブランチ

淡路島で大人気のパン屋さん「フルールFleur」に到着❗️❗️

フルールに到着

東浦バスターミナルを出発して、3回の休憩(小休止含む)を挟み、フルールFleurまでは約11km・1時間40分のライド🚴‍♂️🚴‍♀️

フルールFleurはパンの種類が豊富で、いつきても楽しいお店です。

フルールでパン選び

お昼ご飯がフルールFleurと知っていた息子は、早くみるくぱんが食べたくて仕方なかった模様。

みるくぱんを食べる息子

息子にとってはフルールFleurがゴールだったみたい😁

走行距離13kmを走破❗️

ブランチでパワーを充電したら、ゴールまで約2kmのファイナルライド💨

東浦バスターミナルに向けてライド

ノンストップで、東浦バスターミナルに到着〜😁

東浦バスターミナルに無事ゴール

走行距離は約13km。所要時間は、約2時間40分(ブランチ時間含む)でした❗️

淡路島里山散歩のちブランチサイクリングを終えて

最初のロードバイクのレクチャー(3人分)の約30分を考えれば、所要時間としては3時間ちょっと。

率直な感想としては、ラクすぎず、辛すぎずで、ちょうどいい体験コースだったと思います😄

あんまり簡単すぎても物足りないし、腿パンパンで息ゼェゼェというほどでもなく、走行ペースも含めて本当にちょうどいい。

唯一注意する点があるとすれば、お尻ですね。

カバー付きのサドル

後付けで被せるカバー付きのサドルを使用させていただきましたが、僕は最後の方、なるべくお尻を浮かせていました😆

慣れると大丈夫らしいですが、僕、お尻弱いんです・・😊

ということで、初めてのサイクリング体験は、家族みんなご機嫌でゴール❗️

淡路島で家族サイクリング

安全にサイクリングを楽しめたのは、ガイドの荻野さんのおかげ🙏

山あり海あり、淡路島らしい自然を満喫できるコースだったので、淡路島の日帰り観光の選択肢としておすすめです。

Right Caption
ひーちゃん
E-BIKEなら、女の子でも大丈夫だよ

所要時間は3時間ちょっとなので、ライド後にまだまだ淡路島を楽しめる時間は十分にあります。

ちなみに僕らは、この後、荻野さんもおすすめの東浦サンパーク(東浦バスターミナルから車で2〜3分)にある「花の湯」で汗を流して帰りました😁

Cyclism AWAJIシクリズムアワジの基本情報

シクリズムアワジ
ホームページhttps://www.cyclism-awaji.com/
インスタグラムhttps://www.instagram.com/awaji_cafetour/
Facebookhttps://www.facebook.com/CyclismAWAJI/
住所兵庫県淡路市浦648 東浦バスターミナル内
電話番号090-6662-3196
E-mailinfo@cyclism-awaji.com

Cyclism AWAJIシクリズムアワジは、ホームページからの予約制です。

僕らのような初心者向けのガイド&ツアーだけでなく、ロードバイク経験者向けのイベントもたくさん主催されていますので、ぜひホームページをチェックしてみてください。

不明点や質問にも丁寧に答えてもらえるので、分からない事はメール等でご連絡してみてくださいね😄

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら