淡路島観光の大本命❗️「うずの丘大鳴門橋記念館」を満喫してきたよ〜😆

2019年1月14日

うずの丘大鳴門橋記念館、楽しかった〜😆

さすが、「おっタマげ!」を掲げるだけはある。淡路島の観光地で、一番気合が入っているんじゃないかな。3時間くらい遊んじゃいました。

うずの丘大鳴門橋記念館 おっタマげ!淡路島

絶景あり、グルメあり、遊びや体験、他では手に入らないお土産もGOOD👍

新しくなった玉ねぎキャッチャーでは息子が快挙🤩

久しぶりに、大満足の淡路島観光でした‼️

うずの丘大鳴門橋記念館の外観の様子

うずの丘大鳴門橋記念館 外観
うずの丘 大鳴門橋記念館

見た目はそんなに特徴ないかな(^_^;) こんな感じの建物です。

建物の前が広い駐車場になっています。かなりの収容量がありますが、今日は3連休の最終日で天気も良かったので、駐車場待ちをしている車もありました。

途中に、第二・第三駐車場もあったけど、やっぱり目の前まで車できちゃいたいよね🙂

うずの丘大鳴門橋記念館には無料シャトルバスも。バス停には、玉葱の椅子(o^^o)

うずの丘大鳴門橋記念館 バス停

うずの丘には、バスでも来ることができます。

南あわじ市のコミュニティバス「らん・らんバス」と、うずしおドーム なないろ館(道の駅 福良)から無料シャトルバスも出ています(詳しくはHPへ

こんな所にも玉葱の椅子を置いちゃうのが素敵😆若い子たちが代わる代わる写真を撮ってましたね。

うずの丘大鳴門橋記念館は、あわじ花へんろ「第三十八番」

うずの丘大鳴門橋記念館 あわじ花へんろ
あわじ花へんろ 第三十八番「花の札所」

今日もおばちゃんがお手入れをしていて、おもての花壇がとっても綺麗でした。

この時期から3月くらいまで水仙が見頃のようですが、そんなにたくさんはなかったかなぁ…。

うずの丘大鳴門橋記念館にある、淡路島オニオンキッチン うずの丘店

あわじ島バーガーの先駆けともいえる「淡路島オニオンキッチン」は、正面入り口のすぐ横にあります。

うずの丘大鳴門橋記念館 淡路島オニオンキッチン

撮影した時はうまく人の切れ間を捉えることができましたが、今日も時間帯関係なく10名ほどの列ができていました。やっぱり人気です。

うずの丘大鳴門橋記念館 淡路島オニオンキッチン

外にテラス席もありますが、館内で食べられます。

ハンバーガーができあがるまで、引換券を持って待つことになるのですが、呼び出しの放送は館内でも聞こえるので、寒い時期は中で待っている方が懸命です。

あわじ島バーガーはボリュームあり

あわじ島バーガー

僕らもお昼は、あわじ島バーガーを食べました!

ボリュームは十分です。でも、ちょっとお値段が高めかなぁ〜という印象かなぁ😁

個人的には、ご当地バーガーグランプリで全国2位をとった「オニオングラタンバーガー」より、「淡路牛のジューシーメンチカツバーガー」の方が美味しかったですね。

2位って言っても、何年も前の話ですからね。バージョンアップを重ねている最近の新商品の方が美味しいのかも。

あわじ島牛バーガー

息子は淡路牛がたっぷり入った「あわじ島牛バーガー」。食べさせてもらえなかったけど、このバーガーがアタリだった気がする( ̄∀ ̄)

ポテトには淡路島の藻塩が付いていましたよー。

淡路島の藻塩 ポテト

包装がカワイイ😁

あわじ島バーガー かわいい包装
あわじ島バーガー

うずの丘大鳴門橋記念館の内観の様子

館内に一歩入ると、こんな感じ。

うずの丘大鳴門記念館の内観

天井が高く開放的で、うず潮をイメージしたディスプレイが素敵です。

ちなみに、この下にあるテーブルも、うず潮の形をしています。うずの丘は、全体を通して「渦」のコンセプトがブレないところが素敵です😁

願い叶える笑顔の布袋

うずの丘大鳴門記念館にある布袋尊像

うずの丘で、唯一浮いた存在だったのが、エントランスのすぐ右横にいらっしゃった、木彫りの布袋さん。

結構大きくて立派な布袋さんでしたが、あんまり人目をひいてはいなかったなぁ🙃

どんな経緯で、ココに置かれているんでしょう❓❓❓

うずの丘大鳴門記念館にある、うずしお科学館

うずの丘大鳴門記念館にある「うずしお科学館」

館内の右手にあるのが、うずしお科学館。うずしおを「学ぶ」・「体験する」がコンセプトのようです。

本来、500円(大人)の入場料が必要ですが、うずしおゾーンが工事中(1月18日まで)だったからか、今日は入場無料でした。

うずしお科学館は、子供が喜ぶ体験コーナーがある

館内に入るとすぐに体験コーナーがあります。

ぶんぶんゴマを回すお姉さんに魅了された息子は、コマづくり体験に参加😚

うずしお科学館の中の様子

うず潮だからコマなんですが、息子はさっぱり分かってないでしょうね。月イチくらいで、体験内容は変わるそうですよ。

今日は、「ぶんぶんゴマづくり体験」と「CDコマづくり体験」があって、どちらも体験料は30円ポッキリ。これはお得に感じました。しかし、このCD-Rは書き込めるんだろうか…❓

悩んだ末に、息子はどっちも体験することに😅

頑張って、20分くらい絵を描いてましたわ。

うずしお科学館の中の様子

僕は待っている間、制作スペースの隣にあった魚釣りをしていました😆

うずしお科学館の中の様子

うずしおを学ぶコーナーにも、子供が楽しめる仕掛けがたくさん

うずしお科学館の中の様子

渦の形をした「うずめくサークル」も、子供たちが楽しそうでした。

壁面には淡路島の秘密を学べる仕掛けがあって、ハンドルを回したり、下をくぐったりと立体的。潮の流れを辿って中心に行くまでに色々な知識が吸収できます。

うずしお科学館の中の様子

ふりがながあるけど、内容は小学校3年生くらいからでないと難しいかも。うちの息子(小一)は、いじれるモノだけ触ってましたけど、読む気は全くなし😭

うずしお科学館の中の様子

でもこれ、ほんとによくできていましたね。

そして渦の中心では、このお二人がかき混ぜていました😚

うずしお科学館の中の様子

うずしおスライダー

うずしお科学館のうずしおスライダー

これもうず潮の大きさとか、深さ、スピードを上手に面白く説明しています。

この滑り台は大人も滑っていいみたいですが、今日は見かけませんでしたね😁

鳴門海峡大橋の主塔にあるカメラを操作できる

うずしお科学館 鳴門海峡大橋の主塔にあるカメラを操作している

息子が結構長い時間いじっていたのが、このカメラ。

鳴門海峡大橋の上に取り付けてあるそうで。回転させたり、ズームさせたりできます。

橋を渡る車も見えたりして、「これ本当に今、走っているの?」と、ちょっと興奮ぎみでした。

画面が光って何も見えませんが…🙇‍♂️

うずの丘大鳴門記念館で、インスタ映えを存分に楽しもう!

うずの丘大鳴門記念館と言えば、おっ玉葱を代表とするインスタ映えポイントです。

観光客のほとんどが、インスタ撮影に来てるんかなってくらい、皆さん玉葱カツラをかぶることに躊躇なし😁

たまねぎカツラの貸出コーナー

うずの丘 たまねぎカツラ貸出コーナー

ほとんどの時間、使用中でマネキンにカツラが無かったのですが、なんとかカツラがある状態を撮影できました。

うずの丘大鳴門記念館の「おっ玉葱」

一番の人気ポイントは、やっぱり「おっ玉葱」。

カツラの貸し出しの裏から外に出ると、すぐに巨大玉葱があります😁

ずの丘大鳴門記念館 屋根より低いふぐのぼり

ちなみに、ふぐのぼりも風になびいた瞬間を捉えました!

3匹いて、一番上の大きいのが3年とらふぐってことかな。

うずの丘大鳴門記念館 ふぐのぼり

ここからの眺めは絶景。鳴門海峡大橋がしっかり見えます。

横からはよく見るけど、この角度は珍しいかもしれません。

うずの丘大鳴門記念館 おっ玉葱からの景色

我が家もしっかり記念撮影😁

しかし、奥さんが提案してきたこのポーズは、どんな意味があったのだろう…。

うずの丘大鳴門記念館 おっ玉葱で記念撮影

館内のインスタポイントも楽しげ

うずの丘大鳴門記念館 インスタポイント

なんとか人のいない時に撮影しましたが、この大きな「玉ねぎ」の文字もインスタポイント。

この画像だと見えづらいですが、「玉」と「ね」の部分に顔を出せる場所があります。あとは壁の前で座ったり、立ったりのポージングで、いろんな写真を撮影していました。

この「玉ねぎ」の壁の向かいにあったのが、「たまねぎかるた」。

これはお正月限定の特別企画なのかもしれません。

うずの丘大鳴門記念館 インスタポイント

うずしお科学館の中にも一箇所あったけど、ここが一番、空いてたかなぁ(^_^;)

うずの丘大鳴門記念館 うずしお科学館のインスタポイント
うずの丘大鳴門記念館 インスタポイント

館内にある玉ねぎの椅子でも、写真撮っている人が多かったです📸

うずの丘大鳴門記念館の「玉ねぎキャッチャー」は、高確率で取れる?

おっ玉葱と同レベルで混み合っていたのが、玉ねぎキャッチャー。

うずの丘大鳴門記念館の玉ねぎキャッチャー

上の画像にも書いてある通り、玉ねぎを一個落とすと、1.5kgの玉ねぎと交換してくれます。

100円で1回、500円で6回。

見てた感じだと、500円で6回やっている人が多かったですね。

玉ねぎキャッチャーのアームが昔は2本だったのですが、今は新しく3本になって取りやすくなったんだと思います。

結構、取っている人が多くて。5回に一回くらいの確率でゲットしていましたよ😁

なんと!息子もゲットしちゃいました❗️❗️❗️

取った玉ねぎをお姉さんに渡して

うずの丘大鳴門記念館の玉ねぎキャッチャーで玉葱ゲット

満面の笑顔🤗

うずの丘大鳴門記念館の玉ねぎキャッチャーで玉葱ゲットで喜ぶ長男

ちなみに景品の潮風玉ねぎはこちら。お土産屋さんでも購入できます。

5個入っていたので、1個300gの玉ねぎということですね。

うずの丘大鳴門記念館の潮風玉ねぎ

景品の潮風玉ねぎが540円なので、500円(6回)でゲットできれば、元が取れる計算です🤗

当然、僕も一回やりましたけど…😭😭😭

うずの丘大鳴門記念館は、お土産が充実。「ココだけ」商品が素晴らしい!

一通り遊んだら、最後はお土産ですよね😁

うずの丘大鳴門記念館 うずの丘味市場

入り口の左側にあるお土産屋さん「味市場」が良かった。特に「ココだけ」商品が豊富なのが魅力的でしたね。

一つや二つではなくて、10個以上はあったかな。限定商品の強みをいかんなく発揮していたし、それぞれのディスプレイも素敵✨

次にお土産を買うときは、ここで買おうと思わせてくれるほど😁

うずの丘大鳴門記念館でお土産を物色中
うずの丘大鳴門記念館でお土産を物色中

ちなみに、この「おいもさん巻」が売れ筋No.1です🤗

うずの丘大鳴門記念館 おいもさん巻
うずの丘大鳴門記念館のお土産屋さん
おにわさ うずの丘大鳴門記念館のお土産

一番プッシュされていたのは、「島ビスケ」。これから流行りそう〜😁

希少な淡路島なるとオレンジを贅沢に使用。果皮を入れることで、爽やかな酸味とほろ苦さを最大限に引き出しているそうです。

島ビスケ うずの丘大鳴門記念館のお土産

中には「魔法の粉」も入っているらしい。

ぜひご購入を🙌

島ビスケ うずの丘大鳴門記念館のお土産

試食コーナーもたくさんあって、満喫しちゃいました😁

うずの丘大鳴門記念館のお土産屋で試食中

個人的に気になっているjuchiさん(陶芸や絵付け体験ができます!)のお土産もおいてありましたね😁

うずの丘大鳴門記念館のお土産

うずの丘 大鳴門記念館まとめ

淡路島に観光に来たら、外せない場所。科学館があるので、子連れファミリーにもおすすめ❗️

特に天気が良い日はテンション上がると思いますよ😁

2Fにある絶景レストランでは食べたことないですが、すごく美味しいらしいですよ〜🙌

しかし、最後までこのモナリザの絵だけは謎が解けなかったなぁ🙄

うずの丘大鳴門記念館のモナリザ

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます❗️応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、当サイト「淡路島に移住してから」を書いていきます!「プロフィールはこちら