休暇村南淡路・南淡温泉|鳴門の海を眺められる絶景露天風呂は、気持ちえぇ〜♨️

2018年12月28日

休暇村南淡路の温泉には、2019年8月にも訪問。足湯が入れたりしたので、前回の記事に少し付け加えています❗️


さっきアラレだかミゾレだかが、降ってきました❄️(その後、釣りに行ったら、一瞬ですが吹雪いてきて、手が凍った😭)

淡路島は急に冷え込みが強くなり、加えて風も強い。「芯から冷えるわ〜」ということで、今日は温泉に😁

向かったのは、淡路島の南端。福良にある休暇村南淡路・南淡温泉「潮騒の湯」です。

南淡路温泉郷には6つの源泉があるそうですが、「潮騒の湯」は療養泉が源泉(カルシウム-塩化物冷鉱泉)だそうです。

南淡温泉

撮影NGだったので温泉の写真はありませんが、露天風呂からの眺望が最高の温泉でした😚

下の画像は、休暇村南淡路の外で撮影した景色。露天風呂からは、さらに上から鳴門の海を眺めることができます。

鳴門の海

手前にあるのが、大園島で、奥が鳴門海峡大橋です。

今日は海がグリーンやら、ブルーやらで、とっても綺麗でした🤩

お風呂の種類は、内風呂と露天風呂(大小一つずつ)の、大きくは2種類と少なめ。

お風呂の広さも大きい方ではないと思います。露天風呂は5〜6人くらいでいっぱいになるイメージでした。

しかし、今日は息子と2人で露天風呂が貸切状態で、ゆったりのんびり贅沢時間を過ごせました😚ラッキー♬

Right Caption
ひーちゃん
私も露天風呂からの景色には大感激しました!!今日みたいに空いている日は最高ですよ。また行きたいな〜

休暇村南淡路の足湯

休暇村南淡路の足湯

<2019年8月追記>

前回は営業休止していた足湯がオープンしていました❗️

足湯は、エントランスに入ってすぐ右側。

休暇村南淡路の足湯

矢印の方へ進む。

休暇村南淡路の足湯

この扉を開けたら、すぐです。

休暇村南淡路の足湯

L字型のゆったり5-6人は座れそうな足湯。

休暇村南淡路の足湯

足湯の温度は、お風呂よりもだいぶ熱くて。足にジンワリ、ポッカポカ。

そして何と言っても、眺望です。

休暇村南淡路の足湯

鳴門海峡大橋を眺めながら、ゆっくり入らせていただきました〜♨️

足湯の方はもちろん無料です😁

休暇村南淡路へのアクセス

休暇村南淡路は、道の駅「福良」から車で10分弱の場所で、アクセスは便利。

日帰り温泉があるので、うず潮クルーズの後とか、人形浄瑠璃をみた後とか、福良あたりを散策されている方に、気軽に足を運んでもらえる場所です。

山の上にありますが、道も舗装された道路ばかりなので安心ですよ🤗

休暇村南淡路からの眺めは、南淡自然八景

南淡自然八景

休暇村に到着すると、すごく眺めがいいなぁと思いましたが、この場所は南淡自然八景の一つでした。

建物の前が大きな駐車場になっているのですが、この場所から福良湾が一望できます。

休暇村南淡路からの景色

<追記>
後日伺った際に撮影したら、もっと綺麗な写真が撮れました😁

休暇村南淡路からの南淡自然八景

あわじ花へんろの一つ

あわじ花へんろ

春になると桜が咲き乱れるみたいですね😁

あわじ花へんろ巡礼まとめページ

あわじ花へんろを少しずつ巡っています。興味がある方はこちらも参考にしてください。

休暇村南淡路のインスタフレームで記念撮影

休暇村南淡路で記念撮影

休暇村南淡路ではインスタフレームに加えて、かぶり物もあります😆

今日は奥さんのノリが良く、久しぶりに夫婦で撮影してみました(撮影者:息子)。

窓が大きいので、室内からも福良湾を眺めることができますよ。

その後、奥さんは向かいのお土産屋さんで、かかとスベスベグッズを購入していました。これが温泉の中に置いてあって、欲しくなったんですって😅

かかとキレイ

休暇村南淡路の日帰り温泉、まとめ

日帰り温泉として、休暇村南淡路はおすすめ💮

ただ大きなお風呂ではないので、芋洗状態だとちょっとテンション半減かも…。

お値段は大人820円・子供510円です。

足湯は無料です。

時間帯によっては、ご飯も食べられる場所みたいです。ぜひ一度、足を運んでみてくださいね〜🤗

休暇村南淡路のアクセスマップや食事などの情報はこちら

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます❗️応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら