ずっと気になっていたR28沿いの狸は、由緒ある狸だった。淡路市佐野にある「柴右衛門公園」

国道28号線沿いを神戸方面に走っていると、佐野あたりで左手に狸がチラッと見えます。

移住して2年、あの釜口の観音像と同じくらい気になる存在だったんです👀

 

ついにご対面😁

夫婦狸

なんと!両陛下をお出迎えした由緒ある夫婦狸でした‼️

僕がよく車から見ていたのは旦那様の方ですね。色白の素敵な奥様がいらっしゃったんですね。

 

 

上陸してみると、ここは「柴右衛門公園」という場所で、柴右衛門一家も祀られていました。

国道沿いに車をとめて、降りると入口はこんな感じです。

柴右衛門公園

 

最初は「あれ?柴右衛門は洲本じゃないのか?」と思ったのですが、どうやら島内でも諸説あるみたい。それを説明している石碑も立っていました。

柴右衛門大明神

むしろ、洲本より佐野の方がちゃんと祀られている感じあり。

柴右衛門大明神

奥をのぞくと、柴右衛門一族の碑がありました。こちらは正面。

柴右衛門一族の碑

この左側にも一族がいまして。誰が誰かは分かりませんが、結構一族がいたようですね。

柴右衛門一族の碑

 

この柴右衛門大明神の右側が、柴右衛門公園になっていて、ここに夫婦狸もいます。

芝右衛門公園

 

他にも帽子をかぶった狸。

佐野の狸

 

寄り添いあっている夫婦の狸。こっちは体が合体しています。

おたぬき夫婦の碑

タコを持っている狸もいましたね。

タコを持っている狸

 

ここに石碑もありましたが、淡路の柴右衛門狸は日本三大狸なんです。

もう少し扱いが大きくてもいいと思うんですよね( ̄▽ ̄)

ここも駐車場ないし。。管理も…。。

日本三大狸の石碑

あのどでかい観音像をちゃんと壊して、現実的に安全なレベルで大きな柴右衛門像を建てたらいいと思うんだけどな😁

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら