94歳の祖母と会い、「何歳まで生きたいか?」を、家族で考えてみた

こんにちは。

帰省は第2ステージに入り、昨日、会津(福島)から船橋(千葉)に移動してきました。

本日は、94歳の祖母に会いに。思っていた以上に、元気そうで嬉しかったー。

家族集合

自分で歩くことはできないものの、まだしっかり喋れるし、下手すると僕より髪の毛はあるし。まだまだ長生きしてくれそう。100歳オーバーも現実味が帯びてきたような気がしました。

 

「何歳まで生きれるか?」。

こればっかりは、天命を待つまで分かりませんので、「何歳まで生きたいか?」を家族に聞いてみました。

● 兄
72歳。自分で歩けるうちは生きたいと。家のローンが払い終えるらしい。

● 兄の嫁
80歳。78歳で亡くなった祖母を抜きたいらしい。

● 母
82歳。自分の母が82歳まで生きたからだそう。

● 奥さん
90歳。何となくピンときた数字。長生きしたいそうです。最後は老衰を希望。

● 娘
85歳。そんなに生き過ぎても意味ないからだそうです。

● 僕
85歳。もう少し高く設定したかったのですが、奥さんより長生きしたくないのでこれくらいに。

 

うちの家族は意外に低めの数字設定になりましたね。やっぱり、誰かに迷惑をかけてまでは生きたいくない、という意見が大半でした。

皆さんは、何歳まで生きたいですか?

結構、盛り上がったので、話してみると楽しいかもしれませんよ〜。