てっきり蟻かと思っていたけど、よく見たら違う虫だった

2018年7月5日

今日の淡路島は曇り。比較的、過ごしやすい一日です。

さて、昨夜も我が家では、羽蟻の発生日でした。リビングの天井には常時10匹ほど生息していましたね。

寝ている時は、蚊に悩まされると同時に、時々、羽蟻だったりします。どっから入ってくるんだ?とも思いますが、隙間だらけの家ですから、突き止める気力はありません。

 

そんなこんなで、普通に廊下の隅を蟻さんが歩いていることも普通の我が家ですから、僕の部屋に小さな黒い虫がいても驚くことはありません。

窓のサッシに黒い虫が5-6匹。はい蟻さんね、という感じで引き剥がして外に逃していたのですが、何だかいつもと雰囲気が違う。

よーく見てみると、その黒い虫は蟻ではなくて、カマキリ。

長男と盛り上がりながら、何枚も写真を撮ったのですが、下手なもので写真がぼやけてしまう。。小さい被写体を撮るのはやっぱり難しい。

 

そこで長男が持ってきたのが虫眼鏡。

なかなか機転が効くようになってきましたね。

小さいカマキリ

見えるかなー。

両手をあげて、お尻を立てて、怒っている時のポーズをしているみたい。

蟻じゃないんです。小さいけど、カマキリです(調べてないけど、たぶん)。

淡路島に来てから、虫がデカくて驚いたのは何度となくありますが、まさか小さい虫で驚かされるとは思いませんでした。緑や茶色なら見たことありますが、でも黒なんです。

しかし、どこで産まれたんだろうか…。

まさか、僕の部屋の中???

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら