佐野新島(北側)の朝マヅメは、静かなもんでした

2018年7月5日

本日の淡路島は曇り、時々雨のようです。さっき突然、強い雨がきました。でも一瞬なのでしょうか、今は止んだみたいですね。強めの風は残っているみたいです。

今朝は久しぶりに佐野新島(北側)に釣行しましたが、4時くらいに到着すると、既に10名ほどのアングラーが海に向き合っていました。

 

暗いうちはタチウオ。明るくなってから青物狙いの方々が大半だったと思います。

僕はゆっくり護岸で用意をして、少し明るくなってからのスタートに。波止には釣り座が取れないので、今朝は梯子を使って波止から200mほど離れたテトラに降りました。

ナブラこそなかったですが、ちらほらベイトが海面を騒がせてくれていました。さすが、佐野。大物を狙おうと、いつもより強気の40gのジグをキャストすること3投目。

軽くズシリという手応え。佐野では定番の魚、エソがヒット。速攻でリリースですが、なんか幸先いい感じでした。

ここら辺は40gのジグで、カウント13くらい。淡路島では深い方。これは備忘録として書き留めておきます。

しばらく何もなく、波止の方を見ても皆さん何もヒットなしの様子。少ししたら、波止の方から、竿とタモを持って一人のアングラーが僕の方までテトラを渡ってきました。

波止の様子を聞いてみると、「あっちは全然ダメです」とのこと。今思うと、失礼でした。ダメだから、こっちに移動しにくるわけですからね。申し訳ございません。

その人が僕の隣を諦めて波止に帰って少しすると、大きな潮目が近づいてきました。チャーンス。あの潮目に魚が付いてないかなぁと、フルキャスト。

はい、潮目まで届かず。。。

しかし、フォール中に違和感があり、合わせると反応あり!巻くと、軽く重い。このズルズル感は、エソだな・・・と思っていたら、20cm弱のアジ!

やっぱりあの潮目だったか、と自分を褒めてやりながら、速攻で2匹目を狙うも、いつも通り後が続かず。。以後、何も起きませんでしたとさ。

途中で後ろが暗くなってきて、雷の音が聞こえてきたこともあり納竿に。全体的に佐野新島(北側)の朝マヅメは、いまいちの様子でした。あちこちで釣れている小サバも、釣れてないように見えました。明日は別の場所に行こうと思います。

 

本日の朝日は、なかなか素敵でした。

7月18日の朝日

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら