リールのスプールエッジの傷って、簡単に削り取れるのね

今日の淡路島は夏です。とても長時間、外には入られません。皮膚がジリジリします。

こんな日には、朝と夜に活動すべき。ということで、朝マヅメ釣行に佐野新島へ行ったのです。・・・が、ウンともスンとも。。はい、坊主でしたー。

 

今朝、気になったのは、キャスト後にリールのスプールエッジに引っかかるライン。手で触ってみると、明らかにバリのような傷が。

このタイミングでリールを買い替えるのか!と変に納得もしたのですが、一応ネットで調べてみたら、このバリのような傷は砂消しで取れるらしいことが判明。全然、買い替えタイミングではありませんでした。。

早速、100円均一で砂消しを購入して研磨してみたところ、なんか削れているっぽい。

でも削れ方が遅いので、以前、DAISOで購入していた紙やすり(細目※1000番)を投入。

すると、いい感じに削れて、ツルツルに。

僕の場合、少し傷が深かったのでしょうね。紙やすりで削ってから、砂消しで仕上げる感じになりました。

 

ちなみに、今回使用した100円均一の研磨グッズはこちら。

 

研磨グッズ

 

しかし、そもそもスプールエッジに傷が付くのは、竿の置き方が酷いからだそうで。心当たりがありまくりで、反省です。。大切な道具なので、愛して労わなければいけませんね。

 

 

本日の朝日も素敵でした。そろそろ、素敵な魚ともお会いしたいところです。

 

6月19日の朝日

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ