淡路島・美流おひさまの里でワークショップ&ランチ❗️完全予約制の隠れ家カフェは、自然豊かな癒しの空間ですよ〜😊

美流御膳

先日、美流おひさまの里で「ローズマリー軟膏WS」なるものがあり。

「これはゼッタイ行きたい❗️」と奥さんの鼻息が荒く、伺ってきました〜。

美流おひさまの里の店主・ユキさんは、ハーバルセラピストだったり、メディカルハーブコーディネーターだったりの資格をお持ちで。今回使用する素材も、自宅で育てているローズマリーから成分を抽出したものなんだそう。

ローズマリー軟膏WSの様子

WS自体はそんなに難しいものではなく、スイーツとハーブティーを飲みながら、クルクル、混ぜ混ぜ。

ローズマリー軟膏WSの様子

とっても綺麗なグリーン。

ローズマリー軟膏WSの様子

少し時間をおいて白くなってきたら、ローズマリー軟膏のできあがり❗️

ローズマリー軟膏

さっそく家族みんなで使用しています😁

残念ながら、ローズマリー軟膏WSは募集人数に達してしまい終了となりましたが、また7月に、虫刺されのかゆみ〜傷薬・吹き出物等に色々使える《カレンデュラとセントジョーンズワートの万能軟膏のWS》の開催を考えているそうなので、気になる方は美流おひさまの里のSNSをチェックしてくださいませ🤗

ひーちゃん
ひーちゃん
この軟膏も欲し〜い😍
美流おひさまの里のSNS

美流おひさまの里でランチ

美流おひさまの里でランチ
美流御膳(手前)

WSの後は、お野菜たっぷりランチ😊

ユキさんのランチは、化学調味料不使用で、とっても身体に優しいのです❗️

ちなみにこの日は、こんなメニューでした。

美流おひさまの里
ひーちゃん
ひーちゃん
米粉と豆乳の野菜シチュー、具だくさんで美味しかった❗️
豆乳スープ

こちらが、玉ねぎを丸ごと使った、おひさま定食。

おひさま定食

玉ねぎは、タレをかけて。ナイフとフォークで、お上品にいただきました😄

玉ねぎにタレをかける

デザート&ドリンクもセットになっていて。

ローチョコとアイスコーヒー

特に、ローチョコが濃厚で美味❗️

アイスコーヒーも、豆から挽いてくれて、とっても美味しかった👌

ハーブティーは、一番人気の「黒豆ごぼう&シナモン」をいただきました😊

美流おひさまの里の店内の様子

美流おひさまの里の店内の様子

この日もお昼前から、WSとランチで長居をさせていただきましたが、美流おひさまの里は、とってもリラックス空間。

BGMもヒーリングミュージックというのかな。気がつくとボーッとしちゃうような、寝てしまうような、そんな音楽がかかっています😊

店内はそこまで広くありませんが、身体に優しいものも販売していて。素敵な石けんもありましたよ😊

石けん

はなれにもショップがありまして。奥さん、ダニ避けスプレー的なやつを購入していましたね。

はなれのショップ

そして、美流おひさまの里といえば、ゆかいな動物たち。

看板娘のオトヨさんは、この日は食事中でした。

おとよさん

噂によると、めっちゃ足速いらしいです😁

とっても人懐っこい、ネコちゃんもいますし。

猫

ワンちゃんもいますし、ニワトリも。

鶏小屋

美流おひさまの里に来たら、ぜひ自然豊かな美味しい空気も吸って帰ってくださいね🤗

豊かな自然

美流おひさまの里の行き方

美流 おひさまの里の駐車場
おひさまの里の駐車場(写真古いけど、お許しください🙇‍♂️)

おひさまの里は淡路市下河合エリア。

自然あふれる場所で、近くに目印になるものはないと思いますので、カーナビに住所をセットして向かってください🚗💨

観光地で言えば、「たこせんべいの里」や「パルシェ香りの館」が近いかな。

美流 おひさまの里の住所

兵庫県淡路市下河合670

おひさまの里は、駐車場から少し歩きます。といっても、1分くらいかな。

道なりに進むと、看板があります。

お店までの下り道。この竹藪のアプローチもいい感じです。

美流おひさまの里へのアプローチ

50mほど下りると、おひさまの里に到着です。

美流おひさまの里の店舗外観

美流おひさまの里の基本情報

カフェスペース
営業日・営業時間完全予約制です ※予約は前日18時まで
住所兵庫県淡路市下河合670
電話番号080-6162-0681
SNShttps://www.instagram.com/biryu_okagesama/

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら