8月8日㊗️NEW OPEN‼️「みたま」は、淡路島の人気作家が手がける水晶・天然石・アクセサリーの専門店

2019年8月8日

みたま 店舗外観

2019年8月8日、淡路島随一の観光名所・伊奘諾神宮のすぐ目の前に「みたま」がオープンしました❗️

水晶・天然石・アクセサリーを扱う「みたま」のオーナーは、淡路島が誇る人気作家「バクティ・本間さん(左)」と「ひかりや・片岡さん(右)」。

みたまオーナー。本間さんと片岡さん

ちなみに片岡さん(右)は、ちょうど一年前に本ブログの「淡路島の移住者紹介」コンテンツでご紹介させていただきました。

お二人はこれまで実店舗を持たずに活躍されていましたが、伊奘諾神宮の目の前という素敵な場所に拠点を設けることになりました❗️

みたまの前から撮影

お店の前から、伊奘諾神宮の入り口が見えます。

伊奘諾神宮に参拝の際は、ぜひ「みたま」に足を運んでみてください。車はお店の前に3台ほど停めることができますので、ご安心を😁

みたまの様子

店舗の外観は、遠目からでも分かる丸窓が印象的。

みたま 外観

この店舗の大部分をお二人が約4ヶ月かけて、自分たちの手でリノベーションしたというから驚きです😆

建材にも拘っていて、天井の木材を京都から持ってきたり、自然に配慮した漆喰を使用していたり。決して広くはありませんが、さすが人気作家。オシャレな空間に仕上がっています。

店内はこんな感じ。広さは6畳くらいでしょうか。

みたま 店内の様子

水晶や天然石、アクセサリーが品よくディスプレイされています。

みたま 水晶

ちなみに、もともと建物には窓がなく。丸窓も含め自分たちで窓を作られたんだとか。

みたま 水晶

世界中から集めた天然石がずらり。

みたま アクセサリー

ちなみにこの天然石がのっている台は、わざわざ長野県から木材を運んできたそう。

素敵な石がたくさんあって。それぞれ、どこで採れたどんな石なのかを教えてくれたりも。

みたま 店内の様子

たとえば、このデンドライトという石は、中に植物のように見える鉱物が入っていて、希少価値が高いらしい。

みたま デンドライト

少し前までは、シダ植物の化石と考えられていたそうです。

みたまは、オンリーワンのアクセサリー作りをお願いできる

「みたま」では、これらの天然石や水晶を購入することもできるし、自分だけのオンリーワンのアクセサリーに加工してもらうオーダーメイドも可能。

みたま アクセサリー

ネックレスや指輪、バングルなど。

みたま アクセサリー

金やシルバーなどでの彫金も可能です。

みたま アクセサリー

どれもこれも、オシャレな一点物ばかり😁

みたま アクセサリー

数珠も多数販売していますが、こちらもオーダーメイドOK❗️

みたま 数珠

店内にある豊富な石の中から自分好みをチョイスして、15-20分ほどでブレスレットにしてくれるそうです。

みたま 数珠

ちなみに、「みたま」の店名は、数珠(たま)を扱うという意味も込められているそう。きっと丸窓にもそんな想いが込められているのでしょう。

店内の壁にかかっている精麻飾りも、みたまのロゴマークにそっくり😙

みたま 精麻飾り

ちなみに、この結び方は無限に運気を取り込む形とされる縁起のいい「あわじ結び」。

無限は、8の字を横にした形。オープン日を8月8日にこだわったのは、縁起を担いだから。

しかし、目の前の道路が、県道88号線という偶然は、すごいなー😙

淡路島観光で伊奘諾神宮を参拝される際は、みたまを覗いてみてください。

すぐお隣にカフェ「アトリエ かかし」と、素敵な陶器を扱っているお店「uto烏兎美術」もありますよ❗️

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら