淡路島メバリング。炬口が難しくて、結局、洲本で釣果にありつけました

2019年1月3日

こんばんは!

今日は普段より2時間ほど遅らせて、20:30 – 22:15で釣行してきました。

足を運んだのは炬口。先行者は3名でした。

炬口では昨年末からやられっぱなし。今日こそ、炬口で釣ったる❗️と気合い十分で常夜灯下で格闘すること30分。

どこからも生命反応を得られない(>_<)

波止の周辺を狙っても、外海も、まったく反応を得られない… _| ̄|○

炬口って、どうやって釣るんだろう😢

もう釣れる気がしない。。

魚はいるんだろうけど、下手なんだろうなぁ。

炬口の釣り方を知りたくて、僕と入れ替わりで来た人たちの釣りを、よっぽど見学しようかと迷ったほど。

炬口は難しい。

お正月にノーヒットでは帰れないので、いつもの洲本のポイントへ💨

ガシラ

数投で、ボトム付近で反応を感じられて。しばらくして、キャッチ🤗

やっぱり、安定の洲本ですねー。

その後、ほどなくして本命をキャッチ😆

メバル

スマホより大きかったので、17-18cmくらい。

持ち帰ろうかなぁと迷ったのですが、今日は釣れてくれたことに感謝してリリース。

まぁまぁサイズのメバルが釣れたので、ここで気持ちよく納竿にしました😁

ちなみに、今日は1.0gのジグヘッド。いつもより大きめのワームを使用してみました。

大きいワームだと、やっぱり大きなメバルが釣れる確率が上がるのかなぁ😗

\ (*゚▽゚*) 励みになります! /

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら