淡路島・塩田新島(南側)で、ズブ濡れのサルベージ…

2018年7月5日

おはようございます。今朝の淡路島は曇り。涼しいくらいですね。

少しブログ更新をお休みしていましたが、毎朝の釣りは欠かさず行っています。

今週のテーマは新スポットの開拓。まだ朝マヅメにエントリーしたことがない場所へ積極的に足を運んでおります。

西浦の育波漁港に行ってみたり、東の北側・大磯に行ってみたり。そして今日は、塩田新島へ。つまるところ、ONOKOROの裏ですね。

時刻は4時ちょっと過ぎ。北側に車を向けると、すでに3-4台ほど先約がいましたので、迷わず南側へ。北側は行ったことあるしね。

そして南側の状況は、車が1台。やっぱりどこも南側は人気がないですわ。

先約が1名様だったので波止でもよかったのですが、手前のテトラで勝負。ちょうど、コーナーになっている部分でベイトが追い詰められそう。さらに今日は海が荒れているのか、いわゆるサラシがバシャバシャの東映状態。ここはひょっとして、シーバスが出るんじゃないの!?なんて考えたわけです。

最初にキャストしたのは、コアマンのVJ-16。3ヶ月くらい前に購入したのですが、今日まで一度も投げることがなかったルアーです。

その初キャストをコーナーのサラシに、ちょい投げ。軽いジャークで誘ってみると、コツっと軽いアタリ。シーバスではないなー、根魚かなーと思いながら巻いてくると、こやつでしたー。

タチウオ

タチウオさん、出勤はや!しかも、だいぶ手前。

狙いとは違いましたが、気分をよくしてその後も当然VJ-16。

でも、アタリなし。

シーバスに見切りをつけて、暗闇に向かってジグパラ30gを遠投開始。

反応なし。そして以外に水深が浅い。カウント10もない。しかも、場所によっては根が荒らそうな感じ。ちょっと怖かったので、中層でジグを水平に動かしていると、2匹目のタチウオをゲット。

佐野、生穂、志筑、塩田、ここら一帯はタチウオに支配されてますな、ほんとに。。

ならば久しぶりに土俵に上がろうと、ミノーにスイッチ。なぜか未だに成果が出ないマリンギャング 120で釣ったる!と息巻いて、速攻の、テトラ掛り。。。

暗くて見えないけど、手前のテトラでルアーの音が、コンコンと聞こえとる・・・。

安くないルアーです。明るくなって見えてきたら、救出しようと決意してしばらく放置プレイ。

マリンギャングが気になるけど、もう一本の竿でショアジギを再開。

しばらく反応なしが続きましたが、着底から2シャクリ目でコツッというアタリ。なんだタッチーは今底か、なんて思っていたら、ズンズン頭を振る感じがある。嫌な予感…。やっぱり、ナイスサイズのエソちゃんでしたー。

その後、コアマンの鉄板バイブを根掛かりロスト。ハートブレイクしたところで、マリンギャングの回収に挑みます。

発見できたルアーの位置は、赤丸で囲んだ場所。しっかりフジツボにフッキングしていました。

ルアーがテトラ掛り

波が引いた時は、姿を確認できるけれど、ほぼ海の中。。しかも、海が荒くて、上のテトラまでバッチリ波が来る。それでも、マリンギャングは回収したい。。

そこで僕が手にしたのは、こいつ。

タモ

タモのお尻(柄)で、ルアーを叩き落とす作戦。

魚が釣れているわけではないのに、タモを伸ばしてせっせと海を突っついている様子はさぞ滑稽だったでしょう。

でも、やってやりました。サルベージ成功!

マリンギャング120

身の危険も少し感じながら色々とやりまして格闘時間は20分くらい。波が引いたタイミングで作業したつもりが、2度ほど足元までしぶきがジャッパーン。で、膝から下はズブ濡れ。。。良い子は真似しないで諦めましょうね。

今朝は6時に撤収。タチウオは、僕のことをずっと待ってくれていたらしい野良猫さんに献上。

野良猫さん

 

今日の朝日は綺麗な印象でしたが、マリンギャングが気になってあんまり見てませんでした。こうして写真を見ると、やっぱり綺麗だったんだねー。

2017年8月31日の朝日