淡路島・洲本港(赤灯)で、大サバを狙うも惨敗。。

今日の淡路島(洲本市)は曇り。雨は降らなそうですね。

予告通り、今朝は洲本港(赤灯)に釣行。意気込みだけの、惨敗で終わりました。やっぱり釣りは難しいっす。

 

昨日の行動をトレースするかのように、3時30分に到着。車が止まっていないことに喜ぶも、やっぱり波止には誰かがいらっしゃる。今朝は3番手でした。

これまた昨日と同じくらいの好位置に陣取り、キャスト開始。暗いうちは、タチウオ狙いで、ワインド練習。

いつも通りウンともスンともいわないこの感じ、本当にダートしているのだろうか・・。もちろん、アタリなし。

そろそろ良い時間なんじゃないのーと思っていた5時くらい。人がドーンと来ました。しかも、女性軍団。さらには、僕の横に・・・!!!

「いくらなんでも狭いか」という発言に、心の中で激しく頷く僕。

結果的には、お一人残留で他の方々は別の場所へ移動してくださいました。よかったー。

しかし、このあたりから、「今日はやばそうだぞー」の空気が漂う。全く集中できない。隣の女性のリールの巻く音が気になる。ドラグがゆるゆるなのか、そういうリールなのかは分かりませんが、ウィーンウィーンが気になる。

しかも、女性軍団の中心人物なのでしょう。次から次へと友達が訪ねてくる。どうやら、6人程度の旅行客のよう。女性リーダーの裏で友人が釣りを始めた6時頃、納竿にしようと判断。

海は穏やかに凪いでいるし、ベイトっ気もない。餌釣り師の大先輩方にもヒットが無い様子。足元では、チヌが波止をつついているものの、クラゲがたくさんいるし、ボラたちも悠然と泳いでいる。悪い時のパターンです。

途中、小サバが2匹釣れたので、今日は良しとしようと思ったら、「6時〜7時がチャンスらしいよ」という、女性軍団の会話が耳に入ってくる。

 

続行です。きっとホテル職員の確かな情報のはず。

 

しかし、時間が経過するばかりで状況に変化なし。ついに、振り向いて内向きに投げ始める。そして、新加入選手のジグパラブレードを根掛かり、からのロスト。。何やってるのよ俺は。。完全なるハートブレイクでした。

 

止めどきが難しい。パチンコのよう。FXなどの投機商品のよう。

 

ルールが必要かもしれない。

・悠然とたくさんのボラが泳いでいる時

・クラゲが多い時

・漂流物が多い時

・海が凪いでいる時

これらの場合は、経験上、ダメなパターン。黄色信号としよう。

 

今日の収穫は、このルールを設定できたことにしよう。

 

 

本日の朝日は、モヤモヤです。

7月13日の朝日

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら