淡路島・摩利支天尊の枝垂れ梅を観てきました〜😁

枝垂れ梅の前で記念撮影

良い天気だったので、立派な枝垂れ梅を観てきました🚗💨

樹齢20年ほどらしいです。

枝垂れ梅

淡路島で一番有名な村上邸の枝垂れ梅と比べれば小さいですが、それでも見応え十分です。

これだけの梅になると、管理が大変のようで。こちらにも募金箱が設置されていました。(もちろん、しっかり入れてきましたぜ〜😁)

募金箱

摩利支天尊

摩利支天尊

こちらの梅が観られるのは、南あわじ市にある摩利支天尊というお寺です。

国道28号線「円行寺」交差点から、車で10分弱。

もし少し時間があれば、フラッと思い出したように足を運んでみてはいかがでしょうか。

摩利支天尊の住所

兵庫県南あわじ市神代浦壁85-1

ちなみに僕らは、摩利支天尊にあるとは知らず、背中合わせにある「若一神社」の方へ行ってしまい😅

結局、車も若一神社に停めさせてもらいましたが、歩いて摩利支天尊に行けるのでご安心ください🤗

若一神社

若一神社

若一神社にあると思っていたので、「あれ〜梅ないね〜」と話しながら、とりあえず参拝。

参拝

すると、狛犬さんの横に道を発見❗️

狛犬の横に道

ちなみに、若一神社の狛犬さんの顔がキュートでした😊

狛犬さん

狛犬さんの道を50mくらいのぼっていくと、

脇道

すぐ裏にある「摩利支天尊」とつながっていました😁

坂道
枝垂れ梅
摩利支天尊の枝垂れ梅

これからお寺の屋根を超えるような、さらに見事な枝垂れ梅に成長してくれることに期待しています😊

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら