淡路島の無農薬玉ねぎと、平飼いたまごを、島ノ環ファームで買ってきたよ〜😁

2020年3月25日

島ノ環ファーム

玉ねぎは、淡路島観光のお土産一番人気。でも、無農薬の玉ねぎを持って帰れる人は少ないと思います。たぶん、1%もいないんじゃないでしょうか。

今回は「無農薬玉ねぎ」に興味がある方に向けて届いたら嬉しいな😁ということで、つらつらと書いていきます。

実は、僕らのように淡路島に住んでいる人間でも、無農薬の玉ねぎを手に入れるのは難しいです。

無農薬で野菜を作っている農家さんは少なく、生産量も多くはありません。自然と、無農薬野菜の価値を認めてもらえる大都市圏の限られた場所に出荷されるわけです。

淡路島のスーパーはもちろん、産直でもなかなか手に入りません。

そこで今回ご紹介したいのが、「島ノ環ファーム」さんです。

島ノ環ファームについて

島ノ環ファームの三崎夫婦

島ノ環ファームを営むのは、東京から淡路島に移住した三崎さん夫婦。

農薬不使用&自家製肥料で露地野菜栽培を行っている彼らは、島内外の個人にも無農薬野菜を販売してくれます。

僕らも無農薬の新玉ねぎが欲しくて伺いましたが、先日は島外(垂水)からも買いに来られた方がいらっしゃったとか。

島ノ環ファームが活動しているのは、淡路島の五色エリアにある緑豊かな中山間地域。周りの農家も無農薬栽培ですから、その点も安心です。

島ノ環ファーム

この大自然の中で、微生物や虫、地域環境や人体の健康を想いながら持続可能な農業の確立を目指しています。

見せてくれた夏野菜の育苗ベッドは、発酵竹チップ・発酵鶏フン・米ぬか・籾殻・水をミルフィーユ状に。自然の菌の力を利用した温床なんだそうです。

夏野菜の育苗ベッド
島ノ環ファームの畑にて

島にある物で肥料を作り、安心・安全な野菜を育てる。

淡路島の新玉ねぎ
淡路島の葉玉ねぎ

本当に楽しみながら農業をやっている二人なので、三崎さん夫婦の紹介もきっと価値があるだろうと思うのですが、、、この場では控えますね😁

次は、具体的にどのような手段で、島ノ環ファームとコンタクトが取れるかをご紹介していきます。

島ノ環ファームにコンタクトする手段

コンタクトの方法は、大きく2つです。

島内に住んでいる人や、淡路島観光で島内にいる人はSNSを利用してコンタクトをとり、ぜひ農園まで足を運んでください。

SNSを利用してメッセージを送る

Facebookhttps://www.facebook.com/shimanowa.awajishima/
INSTAGRAMhttps://www.instagram.com/shimanowa.farm/
この投稿をInstagramで見る

Q、島ノ環ファームの野菜は淡路島のどこで買えますか?の答え↓↓↓ A、野菜は主に島外で販売しています。現在、島内での店舗販売は行っておりません🙏 ただ事前にご連絡頂ければ、出荷日(月)(水)(木)(金)限定で、野菜もたまごも農園で直接ご購入可能です。 予めDMにてご希望の野菜と量をお伝え頂き、ご相談のうえ対応します📩☺️ ※平飼いたまごは隔週の定期購入も可(予約優先) ~~販売店情報~~ 🔸Organic Crossing (兵庫県宝塚市) ※大阪市内/尼崎方面/宝塚方面の移動販売あり 🔸CA organic(兵庫県芦屋市) 🔸ヤマダストアー(朝霧店/新辻井店) 🔸西喜商店(京都府京都市) 🔸坂ノ途中(京都府京都市)※宅配野菜セット 🔸FOODANDCOMPANY 学芸大店(東京都目黒区) 🔸おいしい本物を食べる会(東京都豊島区) 🔸道の駅ピア21しほろ(北海道河東群) ただいま絶賛『葉玉ねぎ』販売中‼️お近くの方は是非お立ち寄り下さいね~。 ※納品日については各店舗にご確認下さい。 暖冬ゆえ玉ねぎの成長が著しいため『新玉ねぎ』の出荷もだいぶ早まりそうです🤔 こうなると玉ねぎのべと病もかなり心配、、 早過ぎる春、農家には全く嬉しくはないですな。 #淡路島 #移住 #新規就農 #無農薬 #無農薬野菜 #無化学肥料栽培 #固定種 #耕作放棄地再生 #淡路島玉ねぎ #玉ねぎ #新玉ねぎ #葉玉ねぎ #島ノ環ファーム #坂ノ途中ファーマーズ #organicfarm #organic #sustainablefarming #onion #eatlocal #ruralliving #awajishima

島ノ環ファーム(@shimanowa.farm)がシェアした投稿 –

上に貼り付けたインスタ投稿の中にも書いてありますが、月・水・木・金の限定です。書かれていませんが、15時過ぎが嬉しいそうです(当たり前ですが、日中は農作業があるので)。

一つだけ注意があるとすれば、一部道が細いので、大型車の方や運転に自信がない方は、三崎さんと相談した方がいいかもしれません。

POCKETMARCHEポケットマルシェを利用する

URLhttps://poke-m.com/producers/44841

島外の方や、淡路島でお土産を買い忘れてしまった方、ギフトとして誰かに送りたい方は、こちらのポケットマルシェを利用してください。

ネットショップでは、玉ねぎ以外にも、その時々の旬の野菜がラインナップされていると思います。

ここまでが、無農薬玉ねぎを手に入れたい❗️あなたに向けたメッセージです。

興味がある方は、ぜひコンタクトしてみてくださいね😁

Left Caption

淡路島BASE

ちなみに、新玉でホイル焼きをしたんですが、もうウマウマね😁
Right Caption
ひーちゃん
昨日は、カツオのたたきにどっさりと。贅沢やわ〜🤤

平飼いたまごも、ぜひ❗️

平飼いたまご

だいぶ無農薬玉ねぎの話で長くなってしまったので、別の機会に改めたいと思いますが、島ノ環ファームといえば、忘れちゃいけないのが「岡崎おうはん」の平飼いたまご❗️

詳細は省きますが、玉ねぎでも平飼いたまごでも、島ノ環ファームの魅力は変わりません。ちなみに、コンタクト方法も😁

でも、この日一番の勉強になったことだけ共有です。

それは、鶏の餌。

餌は、蠣殻やら、なんやらかんやら、覚えられないくらいたくさん混ざっているのですが、その中の一つに魚粉があって。

島ノ環ファームの餌は、防腐剤が入っていない魚粉を使用しています。

なぜなら・・と続けると長くなるので、現地でお二人に聞いてみてください😄

とっても素敵な二人なので、時間が許せば、いろんな話をしてくれると思います。

そういえば、最近、AMRITANのチカさんが島ノ環ファームの平飼いたまごで美味しそうなプリンを作ってましたね😍

いや〜しかし、淡路島の五色エリアは、魅力的な人が多いです😁

やや話がとっ散らかってしまいましたが、淡路島の島ノ環ファームの「無農薬玉ねぎ」や「平飼いたまご」を、ぜひお試しください🤗

僕らもリピートしています❗️

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら