淡路島・アムリタン(AMRITAN)でランチ❗️天然酵母のパンは、一口食べて胸躍った😆自家焙煎の珈琲も美味しいよ〜🤗

アムリタン(AMRITAN)で食べたランチ

ココは行きたくなるカフェですわ。

アムリタンAMRITAN

2019年5月にオープン㊗️したばかり。

基本的には、毎週火曜日しか開いていない隠れ家カフェ。

想像以上にオサレで、美味しかった〜😆

提供してくれる器は、樂久登窯らくとがまのもの。それだけでもテンションアップ⤴️

さらに、ちゃんとお皿まで温めて出してくれる、おもてなしレベルの高さ。

もう、食べる前から美味しい確定フラグが立っちゃうわけ😁

そして、天然酵母のパンを一口食べて、その美味しさに「やっぱりね」と、納得するのです。

奥さんの表情は素直でよろしい😁

アムリタンのパンを食べて喜ぶ奥さん

アムリタンAMRITANは、カフェ好き女子にはたまらないと思います😊

アムリタンAMRITANの行き方

アムリタンの店舗外観

アムリタンAMRITANは、淡路島の洲本市五色町にあります。

一軒家を改装して、小さなお店をくっつけたイメージでしょうか。

少し山を上がった場所ですが、細い道はありません。

住所をカーナビにセットして行けば問題なく到着できると思います。

アムリタンAMRITANの住所

兵庫県洲本市五色町48-1-1

駐車場はお店の手前。このちょっと右に上がった場所です。

アムリタン(AMRITAN)の駐車場

僕らは知らなかったので、前の道の膨らんでいる場所に置いてしまいましたけどね😁

アムリタンAMRITANの店内の様子

アムリタン(AMRITAN)の店内の様子

アムリタンAMRITANの店内は、そこまで広くはありません。

畳2-3つ分くらい。

カウンターが3席と、僕らが座らせてもらった2人用の席が一つ。

ただ混雑時は、キッチンの中のテーブルも使用したりするそうです。

暖かい日なら、テラス席も気持ち良いでしょうね。

お店に入って目を奪われるのが、美味しそうなパンと、カウンター越しに見えるオサレなキッチン。

アムリタン(AMRITAN)の店内の様子

写真ではよく見えませんね、、😅

Right Caption
ひーちゃん
料理好きの人の素敵なキッチンって感じ😊

アムリタンAMRITANのメニュー

アムリタンのメニュー

基本的には、自家焙煎珈琲とパンとお菓子だそうですが、メニューはその日によって違うとのこと。

メニューの上に、ちゃんと日付も入ってますね。あくまでも、このメニューは参考程度に🙌

アムリタンAMRITANで食べたランチ

全部注文したい勢いだったんですけど、この日はこちらをいただきました❗️

Bread Plate

Bread Plate

天然酵母パン3種盛り合わせ + 季節のジャム + バター

自家焙煎珈琲は、ETHIOPIAエチオピア

パンはあまりに美味しかったので、ローズマリーとベーグルは購入して帰りました〜😆

アムリタンのパン

Jombon Fromage

Jombon Fromage

天然酵母パンにボンレスハムとグリュイエールチーズを挟んだサンドウィッチ

自家焙煎珈琲は、RWANDAルワンダを。

こうして改めて写真で見ても、器が素敵ですねー😁

Cobo Apple Pie

アップルパイ

水野農園さんのふじりんごの天然酵母パイ

りんごがミルフィーユのように折り重なって、贅沢なアップルパイ。

まわりはサックリ。中は、何が入っていたか分かりませんでしたが、とにかく美味しかった😆

アムリタンAMRITANの店主・チカコさん

アムリタン(AMRITAN)の店主・チカコさん

こちらが笑顔が素敵な店主のチカコさん。

樂久登窯らくとがま・西村さんの奥様です。

AMRITANアムリタンは、サンスクリッド語の「アムリタ」が由来。

インド神話に神秘の飲み物として出てくるアムリタは、不老不死の霊薬だそう。

最近やや小麦粉をとりすぎか⁉️と思ったりもしますが、アムリタンの食べ物なら別腹です👍

アムリタンAMRITANの基本情報

アムリタンの看板
営業日毎週火曜日
住所兵庫県洲本市五色町48-1-1

急なお休みもあると思いますので、行かれる前にFacebookページでオープン情報を確認してから行った方が安全だと思います🤗

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら