第2回・米作り体験記 種を蒔いて、田んぼに肥料をあげてきた

2018年7月18日

こんにちは。

淡路島は晴れ!といっても、空はやっぱり少し霞かかっているかなぁ。もっとスカーんと青空になったらいいんですけどねー。PM2.5や黄砂が原因なのかなぁ。

ほどよく風も吹いていて、畑仕事には最高の天気でしたー。

今日はみんなから師匠と呼ばれる方の家で、種蒔きからスタートでした。

まずは、ケースに土を。

種まき工程

たっぷり水を加えて、

種まき工程

専用の機械で種を蒔くのですが、なかなか難しい。

種まき工程

意外だったのですが、結構びっしりと蒔くんです。隅から隅まで、ムラの無いように。

この上からまた土を被せて種蒔き作業は終了。あとは芽が育つのを待つばかりとのこと。

師匠の庭には先行して育っている苗があって、今日作業したものもこんな感じに成長していくそうです。

お米の苗

 

後半戦は、田んぼの肥料やり。

肥料やり

これはもう体力勝負。ひたすら、肥料をフリフリー、フリフリ。

昨日までの雨で、まぁまぁのぬかるみ具合…。足を取られながらの作業で、なかなか大変でしたね。

でも、やっぱり畑仕事は清々しい。

休憩中

広い空の下で休憩を挟みながら、みんなでのんびりと。淡路の自然はサイコーよねーなんて喋りながら。

 

次回は6月中旬に、田植えをやるみたい。もう楽しみでしかないわー。

今日も帰り際、山ちゃんから玉ねぎもらったー♪アッザース!