久しぶりの淡路島・佐野新島(北側)で、あいつに騙された

2018年7月5日

今日の淡路島は晴れ。7時過ぎまで海にいましたが、昨日より暑そうですね。後半は汗かきました。

娘は、朝から海に遊びに行って、そのまま16時からの部活(陸上)に参加するんですって。この暑さの中で、そんなに動きっぱなしで大丈夫ですかねー。

さて、今朝は久しぶりの佐野新島でした。

昨日、竿を2本同時にロストしてしまい、ショアジギロッドしかないため、青物狙いで佐野を選択。

4時15分くらいに到着すると、先約は2名。先端近くのテトラに釣り座を取ることができました。NG行動の一つにしていた、ブイの前ですが。。

波止で用意をしていると、先約様がタチウオをゲット。おぉ、もうタッチー来てるのね。ということで、支度を急ぐ。

 

青物狙いで、ジグを投げ倒そうと思っていたのですが、先約様のタッチーを見てしまったため、ミノーに手が伸びました。

ブイに絡まないように注意しながら、レスポンダー129Fを暗闇にキャストするも、アタリなし。

まだ時間が早いからね、と40gジグに変更し、暗闇の沖を攻める。・・・も、無反応。

再び先約様がタチウオをゲットしたのを横目に見て、レスポンダーよりも沈むミノーをチョイス。暗闇にキャスト。・・・からの、ブイがかり。。

また下手こきました。あのブイに何個ルアーを引っ掛けてるんだ俺は・・。

 

リーダーから結び直しで、5-7分ロス。。周囲が明るくなってきたところで、再びレスポンダー。

4時57分、最初のタチウオをゲット。そこから立て続けに3本で、計4本。サイズはF2-2.5でした。

時合いは短く、15分くらいだったと思います。

 

タチウオタイムが過ぎたら、しばらく沈黙の佐野でしたが、先約様がシオを釣り上げる。(見てないけど、シオや!と言っていました)

それを聞いて闘志倍増。40gのジグを投げまくって、着底から5しゃくりくらいで、ズン!

根掛かりじゃないよなと思いながら、生命反応を確認すると、ゴンゴン頭を振っている気配あり。重い!

心臓がバクバク。タモも準備OKっす。

近くまで来ても魚が見えない。最後の抵抗も強い。ひょっとして大きめのタチウオ…?

 

ようやく海面に上がって来たのは、

エソ

エソーーーーー(泣)

そうだったね、この海にはエソが多いんだったよね。

3週間ぶりに来たのですっかりエソの存在は頭になく。青物か、でかいタチウオかしかイメージしてなかった分、ショックがデカかったです。。

大きなかまぼこができそう。自己新のエソです。たぶん。

 

その後もジグを投げ倒して、7時前に中層で軽いアタリがあったのですが、またも早合わせで乗せられず。。

南から北に潮が強く流れ出し、ショアジギがやりづらくなったので納竿としました。

 

やっぱり佐野は、ベイトっ気があります。何のベイトかは分かりませんでしたけど。

それと、表層にぬるっと出てくる黒っぽいあの魚は何者なのだろう。ボラかなぁ。ジャンプはしないんだよなー。

大きい魚が釣れそうな気配はあったんだけど、実力不足でした。

 

本日の朝日。そろそろ雲からじゃなくて、水面から上がるのが見たい。

2017年8月24日の朝日