夜行バスにマスクは必需品みたいです

2度目の東京帰省から、今しがた戻ってきましたが、今回は眠たいに加えて腰が痛い。

お客様先で、「イタタタタッ」と、情けない状態になってしまい、恥ずかしいのなんの。。新神戸行きのバスと東京行きの新幹線の座り方が悪かったのかなぁ。

 

前回は夜行バスに乗り遅れるという失態があったので、今回は新幹線で東京に向かったのですが、座り方がまずかったのか、腰に危険信号が!

騙し騙し仕事をしていましたが夕方頃、いつピンチが訪れてもおかしくない状態になり、お客様から心配される始末・・・。いやー、情けない。

いっそのこと、新幹線では座らない方がいいんですかね。でも、空席あるのに、立っているってのもね。3時間くらいあるから、半分くらい立つようにしようかな。

帰りの夜行バスは8時間。こちらも試練でしたね。腰に細心の注意を払いながら、あの狭い空間で寝る。・・・なんて、できないでしょ。あそこでイビキをかいて寝られる人が羨ましいわ、ほんと。

でも僕みたいに寝られない人も多くいるみたい。2〜3時間おきにある休憩では、バスから降りてくるのはだいたい同じメンバー。きっと寝られない組でしょう。

そんな寝られない組の中で、今回、目についたのはマスク。前回もうっすら喉に違和感を感じていたのにすっかり忘れてしまっていたのですが、夜行バスは喉がガラガラになるんです。次回はマスクはMUSTで購入しようと思いました。付けたら、寝られたりして。

 

家に帰ったら、淡路島の天使がいました。癒される〜。

淡路島の天使

 

 

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、当サイト「淡路島に移住してから」を書いていきます!「プロフィールはこちら