淡路島・Shikon(シコン)のお弁当は、車で30分かけても手にしたい感動もの🤩完売必至の美弁当を食べてみて〜

紫紺(Shikon)のお弁当

超人気サンドイッチ屋さんとして、不動の地位を獲得していたShikonシコンが、突如、この春、お弁当屋さんになると聞いて、目を丸くしました👀

でもでも、結果を見ると、「華麗なる転身」でしかない😁

この日、僕は店主オススメのコロッケ弁当を食べたのですが、

もうね、

ウマウマなわけ🤤

コロッケ弁当
コロッケ弁当

上が、インカのひとみ(金)。下が、シャドークイーン(紫)。

贅沢にも淡路牛のミンチを混ぜて作られたコロッケ😊

Shikonシコンさんは、とことん素材にこだわるスタイル❗

しかも、この値段⁉️ってくらいにリーズナブル。本当にあり得ないっす。

まわりの衣がまた、薄くてきめ細かいの。それでいて、カラッと揚げられているから、食感もサクッとバッチリ👍

潰しすぎていないからか、お芋感も◎

このコロッケを食べてから、値段聞いたらビックリです。

なんと、550円❗️

夫婦そろって、「どんだけ〜」って、ため息ついちゃいましたわ😆

あんまり順位を付けてはいけないと思うけど、総合得点はぶっちぎりで淡路島No.1でしょうね。←あくまでも個人の感想です

この庶民的すぎる価格設定を踏まえて、なぜ、Shikonシコンさんが「お弁当屋」を選んだのか⁉️を考えると、地元(淡路島)の人たちに毎日利用してもらえるお店を目指したんじゃないかと、想像しちゃいます。

ほんと、車で30分かけて取りに行っても全然惜しくない、それ以上の価値があるお弁当です。ぜひ皆さんも確かめに行ってみてくださいませ‼️

最後に、この日購入したお弁当の写真を紹介しておきますね。

ビビンバ 600円

ビビンバ

ビビンバは娘が食べちゃいました。僕のいない、わずかな隙に😭😭😭

淡路島BASE
淡路島BASE
一口、食べさせろや〜😤

照り焼きチキン 650円

照り焼きチキン

照り照りチキンがこれまた「うまみ〜」なわけです。

一つひとつが大きくて、このチキンが4つも入っていました❗️

照り焼きチキン
ひーちゃん
ひーちゃん
この美味しさと、このボリューム。みんな飛びつくよね〜

お弁当は予約した方がいいよ

Shikonさんの完売看板

この日は12時頃にお弁当を受け取りに伺ったのですが、既に「完売」の看板が店頭に😁

僕らが予約した11時頃にもう、コロッケ弁当はSOLD OUTでしたから、Shikonシコンさんのお弁当は予約がおすすめ。予約方法の一つとして、インスタのメッセージが有効ですので、下にリンクを貼っておきます🤗

Shikon紫紺の行き方

Shikon(紫紺)店舗外観
最近、紫の素敵な暖簾がかかりました

Shikonは、淡路島の南端、南あわじ市の福良にあります。

観光地で有名な「道の駅 福良」や「淡路人形座」から、徒歩3分くらいの場所です。

駐車場はないので、僕らはいつも福良マルシェの隣の駐車場に停めています(もちろん、マルシェの利用を前提に😊)。

駐車場からダッシュしなくていいように、予約してからお弁当を引き取りに行ってくださいませ〜😁

Shikon(紫紺)の住所

兵庫県南あわじ市福良甲1327-6

Shikon紫紺の基本情報

紫紺(Shikon)ロゴマーク
営業時間昼の部 11:00〜※売り切れ閉店
夜の部 18:00〜
定休日日曜、月曜
住所兵庫県南あわじ市福良甲1327-6
SNShttps://www.instagram.com/awajishima.shikon/
変更などもあると思いますので、ご心配な方は事前確認の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら