垂水一文字で自然の厳しさを味わってから、庭先BBQを味わう

2018年7月5日

昨日は、釣友・Kさんと明石海峡側の垂水一文字へ。雨と風が心配だったのですが、風がすごかった。。

あまりの強風で上の波止に立てず。吹き飛ばされないようにするのがやっとこさ。とても釣りができるような状態でなかった。。

小潮でしたが流れも速い。さすが、激流。想像を超えていました。コンディションがいい状態でリベンジしたいと思います!

 

さて、気持ちを切り替えて、午後は家族と遊ぶことに。

まずは図書館で開催されている折り紙教室イベントへ。

行く途中で、図書館前にある広場に、七夕の短冊がたくさんあるエリアを発見!

短冊

 

書いていきませんかーと声をかけられたので、僕も一枚書かせてもらうことに。

長男が、「これ、とっくんも幼稚園で書いたでー」というので、探してみると、ありました!

 

友晴の願いごと

「すいっちがほしい」ともはる

 

とっても具体的な物欲…。七夕って、こういう種類の願い事ありだっけ?

 

折り紙イベントを終えてからイオンでお買い物。

庭で広げられるテーブルと椅子を2脚購入して帰宅すると、玄関の前にどっしり座っていた長女と、そのお友達も加えて、一緒にBBQ!

 

 

いやしかし、炭に火をつけるのって、相当難しい。

新聞紙やらダンボールやら、枯葉や枝やら、折れたトマトやら…。何でもござれで燃やしまくっても、なかなか炭に火が付かない。。

1時間くらい格闘したんじゃないかな。下から酸素を送り込むのがポイントみたい。しかも、酸欠になるくらい連続で吹かないと炭には火が付かない。いやほんと、炭に火が付けられる男はかっこいいねー。次はもうちょっとスマートに付けたるぞ!

食べて飲んで歌って、BBQを楽しんでいたばかりに、あんまり写真が撮れなかった。。

BBQ野菜

たくさん遊んだ一日。楽しかったさ〜

 

下の写真は、一昨日(6月30日)の朝マズメ。志筑新島(南側)での鯖ダブル。

鯖ダブル

一つのルアーに同時に2匹は初めてだったので、記録として残しておきます。だんだん淡路島の鯖がでかくなってきましたね。30cm近くになったらリリースせずに持ち帰ろうと思っています。

 

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、このブログを書いていきます!「プロフィールはこちら