淡路島・ピッコロットで、鳴門金時のモンブラン・パフェ🤤自家製ジンジャーエールも暑い夏にピッタリだよ❗️

モンブラン・パフェ

淡路島はもう夏です❗️と言わんばかりに、暑いっすねー。

こうなると、僕はもうアイスが欠かせません😁

昨日は、洲本のお洒落カフェの一つ「PICCOLOTTOピッコロット & GREEN HOUSE Caféグリーンハウスカフェ」さんで、モンブラン・パフェを食べてきました❗️

日によって、バターナッツパンプキンか、鳴門金時か、モンブランの素材が異なるのですが、今回は初めて「鳴門金時」に当たりました😁

モンブラン

このモンブラン・パフェは味が単調ではなくて、最後まで美味しくいただけました😋

カシスソースが入っていたり、結局不明なままですが、途中、何かの果肉も入っていて。

パフェ

マロングラッセは、中からも出てきた😋

途中、冷えたバナナがあり、コーヒージェラートも。さらに、その下にはグラノーラがあり。

ピスタチオも入っていたと思うので、だいぶ豪華なメンバーです。

最後まで「これは何だ?」と、奥さんと楽しみながら食べられました。

ちょっと贅沢なパフェですけど、たまにはいいですよね😋

店員さんおすすめの自家製ジンジャーエールも、さっぱりスッキリ美味しかった❗️

自家製ジンジャーエール

自分で自家製シロップを垂らすことができる演出もなかなか面白い。

ジンジャーを垂らす

ジンジャーが体に沁みました😁

昨日は淡路島の人気情報誌「dan(6月号)」が刊行されたばかりで。

dan

お洒落な店内で、楽しい情報誌を奥さんと見ながら、やいのやいの言いつつ、美味しいスイーツを食べる。こんな幸せはありませんね😊

ぜひ皆さんもピッコロットさんで、素敵な気分転換をしてくださいませ🙌

ピッコロットの行き方

ピッコロット
ピッコロット店舗外観

今は新緑の季節でグリーン一色ですが、季節が違うと、果実がなっていたりして、これまた素敵なんですよね😁

ピッコロット店舗外観

ピッコロットがあるのは、洲本市街の中心。

AEON洲本店から信号が青なら、徒歩2〜3分で行ける距離です。

ピッコロットの住所

兵庫県洲本市栄町2-1-16

ピッコロットの店内の様子

ピッコロットの入り口の様子

こちらに載せる店内の画像は昔の写真ですが、先日伺った際も大きく雰囲気は変わりませんでしたので、許してくださいませ🙇‍♂️

お店に一歩入ると、こんな感じ。

ピッコロットの店内の様子

自社農園で栽培された野菜や果物で作ったジャムや、自家焙煎したスペシャリティコーヒーなどが販売されています。

ジャム
自家焙煎スペシャリティコーヒー

古代米のラスクという、お洒落なお菓子も😁

古代米ラスク

お店は入って、左手に広くなっています。

ピッコロットの店内の様子

一番奥のブルーの席、雰囲気ええ😙

ピッコロットの店内の様子

ここだけ最新の情報に更新しておくと、ブルーの席の横の壁紙は、ちょっとPOPになっていましたね。

ピッコロットの店内の様子

カウンター席もいい感じでしょ😙

この日もお一人で来られていた方がいましたが、ピッコロットは一人でも訪問しやすい雰囲気があるんですよね。

ピッコロットの店内の様子

お店に入ってすぐ右側には、こんな席も。

この席は、土台に古いミシンが使用されています😁

ピッコロットの基本情報

ピッコロット外観
営業時間木曜・金曜/13:00-17:00
土曜・日曜・月曜・祝日/11:00-17:00
※変則的なこともあると思いますので、不安な方は事前にご連絡を。
定休日火曜・水曜
住所兵庫県洲本市栄町2-1-16
電話番号080-8341-7274
SNShttps://www.instagram.com/piccolotto.green.house.cafe/
変更などもあると思いますので、ご心配な方は事前確認の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら