淡路島・ハレノサラでランチ♪素敵な古民家で創作フレンチに舌鼓🤤

2019年6月8日

サゴシのカルパッチョ

言わずと知れた淡路島の人気店「ハレノサラ」。広い古民家をとても綺麗にされていて。ゆったり寛ぎ空間でいただく創作フレンチを存分に楽しんできました〜😙

場所は津名一宮ICから車で15分程度。県道66号線から少し入った所にあります。

お店までの道のりは細い道がなく安心。それでいて少し奥まった場所にあるため、隠れ家レストラン的な雰囲気が漂うお店ですよ。

ハレノサラの外観の様子

駐車場はお店の前に広々と。軽く10台は駐車OKです。

カナービに住所(兵庫県淡路市木曽上324)をセットすれば、問題なくたどり着く場所だと思います。

ハレノサラの外観の様子

とても立派な古民家です。

長屋門というのだと思いますが、とっても良い雰囲気😚

ハレノサラの外観の様子

こうして見ている分には楽しいけど、管理は大変なんですよねー。

この長屋門の中に、ツバメが巣を作っていて。

ハレノサラの外観の様子

ツバメが行ったり来たりしていましたね。

長屋門をくぐると、こんな感じ。

ハレノサラの外観の様子

緩やかにカーブした大判の石畳を歩く、お店までのアプローチに心が踊ります😁

ハレノサラの店内の様子

お店に一歩入ると、シーサーがお迎え。

ハレノサラの店内の様子

シェフが長く沖縄にいらした名残りでしょうかね😁

ちなみに、ハレノサラは土足であがります。

入り口に飾られた絵も素敵。

ハレノサラの店内の様子

入り口から視界をまっすぐにすると、こんな風に見えます。

手前側、左右に飲食スペース。右奥が厨房、左奥がお会計をする場所になっています。

ハレノサラの店内の様子

奥はこんな感じで、オシャレ空間になっております。

ハレノサラの店内の様子

僕らは広い方の左手の飲食スペースに通していただきまして。

お昼前だったのですが既にお客様がいらして、撮影できたのは半分だけ😁

ハレノサラの店内の様子

和モダンの素敵な空間が伝わると嬉しいけど、どうかなぁ・・(^^;;

僕らは窓際の2人用の席でした。

ハレノサラの店内の様子

ハレノサラはスペースは広いのですが、席数は決して多くありません。

だからこそ、ゆったりと食事を楽しめる空間になっています。接客重視のお店ですね😚

ハレノサラで食べたランチ

ハレノサラは淡路島の食材を活かした創作フレンチを、お手頃価格で食べられるのが嬉しい。

その上で、ちゃんとフルコースもあるので(食べたことないけど…)、誰もが満足できるお店です。

ハレノサラのランチメニュー

ハレノサラのランチメニュー

リーズナブルなメニューから、本格的なコースまで。お子様プレートがあるのも嬉しいですね。

日替わりランチとパスタランチ

僕らが注文したのは、日替わりランチとパスタランチ。

前菜は共通で、サゴシのカルパッチョ。

サゴシのカルパッチョ

奥さんは、前菜が運ばれてきた時点でワクワクが止まらない様子でしたね😁

そして、この前菜がすごく美味しかった❗️

お魚の下に、ポテトサラダが隠れているんです。

ポテトサラダ

きめが細かくて滑らか。

もはや前菜で心奪われてしまった感じ🤤

続いて、きゅうりの冷製ポタージュ。

きゅうりの冷製ポタージュ

ここら辺で、運ばれてくる食器がAwabi Ware(アワビウェア)であることに、奥さんが気がつきました。さっすが、オシャレやな〜😁

メインは、えびすもち豚のステーキ。

えびすもち豚のステーキ
Right Caption
ひーちゃん
自家製パンも美味しかったよ〜

日替わりのメインは、えびすもち豚のステーキでした🤤

えびすもち豚のステーキ

食後にデザートとコーヒーをいただき。

至福のひとときでございました🙌

ハレノサラは、僕らでも気軽に足を運べるカジュアルフレンチのお店。空間が素敵だし、食事は美味しいし、お値段はリーズナブル。淡路島を代表する人気店という事実にも素直に頷けます。

この日は天気があまりよくなかったので、これはチャンス!と思って予約なしで行きましたが、僕ら以外のお客様は殆どが予約されていたようでした。確実に入りたい方は事前の予約がおすすめです。

11時30分頃に入店しましたが、あれよあれよとすぐ満席になりましたからね😁

淡路島の食材を活かした創作フレンチが食べられる「ハレノサラ」に、ぜひ足を運んでみてくださいませ〜。

ハレノサラの営業時間やアクセス、ご予約等はこちら

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら