洲本市五色町、森の中の隠れ家「ラ・ウーべ(La Uhbe)」でランチ。女性が大好きなカフェや〜😁

お店の周囲が木々に囲まれていて、絶えず聞こえる小鳥のさえずり。優しいBGMがながれる温かい店内で、あやうく寝てしまいそうでした。

ラ・ウーべ(La Uhbe)は淡路島でも一二を争う癒し系。女性が大好きなお店。久しぶりに会う友達とゆっくり話ができる場所を求めて行くカフェですね。もちろん都会の喧騒を離れて非日常を感じたい人にもおすすめ🤗

ラ・ウーべ

ドッグランやコテージも併設されていて、お店の2Fはギャラリー利用も可能なんだとか。もう少し暖かくなったらテラス席も気分良さそうでした。

ラ・ウーべ(La Uhbe)のアクセス

ラ・ウーべ
ラ・ウーべの前の道

県道66号線「南谷」交差点を山側に曲がって(淡路からきたら右折、洲本からきたら左折)、車で1分ほどの場所にあります。いりくんだ道はないので、住所をカーナビにセットしておけば大丈夫なはずです。

駐車場はお店の道向かいに大きなスペースがあるので安心ですよ〜。

ラ・ウーべの住所

兵庫県洲本市五色町鮎原南谷525-2

ラ・ウーべ(La Uhbe)の店内の様子

お客様がいたので全体は撮影できませんでしたが、雰囲気だけでも。

ラ・ウーべ(La Uhbe)の店内の様子

基本的にはどの席も、「どうぞ長居していってくださいね」と言われているような、ゆったり系。

ラ・ウーべ(La Uhbe)の店内の様子

暖炉も会ったりして。

ラ・ウーべ(La Uhbe)の店内の様子

お子様椅子もちゃんとありましたから、ママさんも気兼ねなくOKですね😚

ちなみに食事は、キッズメニューもありました。

ラ・ウーべ(La Uhbe)の店内の様子

食器や洋服・アクセサリーなどの販売も

お店の奥がお会計する場所なんですが、このスペースがちょっとした雑貨の販売スペースになっていました。

ラ・ウーべ(La Uhbe)の店内の様子

淡路島のクリエイターの作品がたくさん置いてありました。

ラ・ウーべ(La Uhbe)の店内の様子

ラ・ウーべ(La Uhbe)で食べたランチ

僕が注文したのは、地鶏のスパイスコーンフレーク唐揚げ。

ラ・ウーべ(La Uhbe)ランチ

「豆乳を使用しているソースはお好みで」とのことでしたが、唐揚げと相性バッチリでした😁

全体的に食事はヘルシー。ご飯も古代米を使用しているそうです。

奥さんが注文したのは、筍ととろろの巾着煮 生姜あんかけ。

ラ・ウーべ(La Uhbe)ランチ
Right Caption
ひーちゃん
お出汁のきいた巾着煮がふわふわでほっこり美味しい
ラ・ウーべ(La Uhbe)ランチ

+300円で、ドリンクと本日の小さなデザートも注文。

ラ・ウーべ(La Uhbe)デザート

この日は、白あんのシフォンケーキ。素朴で優しい味。甘すぎないホイップに、タピオカが入っていてオシャレでした。

ラ・ウーべ(La Uhbe)は、木々に囲まれたお店ですが、山奥にあるわけではなく県道からちょっと入った場所で、アクセスしやすいのが魅力だと思います。森の中の隠れ家的カフェ「ラ・ウーべ(La Uhbe)」、とっても素敵なお店でした〜🤗

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、当サイト「淡路島に移住してから」を書いていきます!「プロフィールはこちら