淡路島・八浄寺の「豆いり神事」で厄落としをしてきました〜😄

七福神の豆いり神事の様子

淡路島に移住して3年。初めて八浄寺の「豆いり神事」を足を運びました❗

なんせ、弁財天に扮するのが淡路島のワイルド歌姫こと、佐伯真有美ちゃんだったので。もしかしたら神様の歌声が聴けるかな〜、なんて😁

でも、行って良かった。

全く意識していませんでしたが、今年の僕は、本厄らしい😁

これを持って厄除完了です❗️

豆いり神事とは

七福の神々により行われるユーモラスな豆(魔滅)神事。

皆の厄を集めた豆を、七福神が煎ってくれて。その豆が、ありがた〜い福豆になります。

大事な神事であることは分かりますが、驚いたことに、僕らみたいな一般人ではなく、プロ❓セミプロ❓のカメラマンさんがたくさん❗️

なぜだったんだろう・・、いまもって謎です🤔

来年以降、豆いり神事に来られる方のために、今日の神事の流れ・雰囲気をご紹介します。

魔滅落まめおとし

まずは、拝殿内で魔滅落まめおとしから。豆に厄を注入ですね。

魔滅落(まめお)とし

左の福豆の桶から豆を掴んで、お願いをして、右の魔滅落まめおとしの箱に落とす。

一回でOKだそうです。「ご年配の方は、3回やる方がいる方がいて。御焼香になっちゃう」と、住職が笑わせてくれました。八浄寺の住職は、いつも面白い😁

魔滅落(まめお)としの様子

よく分かりませんが、僕は隣にあった金と銀の鈴も鳴らしておきました😁

八浄寺の拝殿

お経をあげる

しばらくして、11時。皆んな大黒天様の前に集合。

八浄寺の豆いり神事の様子

住職の面白いつなぎ話が盛り上がったところで、七福神が登場。

八浄寺の豆いり神事の様子

七福神様も一緒に正座をして、お経をあげました。

八浄寺の豆いり神事の様子

瑜祗七福宝塔ゆぎしちふくほうとうの前で自己紹介

瑜祗七福宝塔(ゆぎしちふくほうとう)の前で記念写真

瑜祗七福宝塔ゆぎしちふくほうとうの前で七福神が並ぶ姿は、記念写真特撮もののスーパー戦隊のようでしたね。

こちらで神様が自己紹介してくださり。

ここでも、カメラマンさんへのサービスよろしく記念撮影。段取りが素晴らしかった😄

豆いり

八浄寺の豆いり神事の様子

皆んなの厄が入った豆(魔滅)を大きなフライパン?に投入。

お経を唱えながら、七福神がくるくる回りながら煎る。

八浄寺の豆いり神事の様子

これが結構ながくて、15分以上は煎っていたような。

八浄寺の豆いり神事の様子

近くの保育園児も見にきていましたよ😁

福豆をいただく

八浄寺の豆いり神事の様子

最後に、ありがたい福豆をいただき。

八浄寺の豆いり神事の福豆

この福豆が、香ばしく焼けていて、美味しい🤩

こんな豆食べたことあったっけ❓❓的な美味しさで、驚きました。

しかし、全部は食べきれず。。

家に持ち帰って食べたら、超固い豆に・・😭😭😭

福豆だけに粗末にできんし・・・

今、ポリポリ、バリバリと、少しずつ福豆を噛み締めております😆

以上、八浄寺での豆いり神事のレポートでした❗️

八浄寺って、どんなお寺❓という方は、こちらの記事も参考にしてください。

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら