淡路島・島の鍼灸院で、腰の疲労がスッキリ❗️殆ど刺さない鍼だから安心だよ〜😁

腰がスッキリ

今日、島の鍼灸院(@久留麻)に行ってきました❗️

時間経過と共に、身体の調子が良くなったのを実感しているようで、奥さん上機嫌です😁

Right Caption
ひーちゃん
腰回りがスッキリして、軽くなってる☺️

島の鍼灸院は、約一年前にご紹介させてもらっていて。当時は釜口で施術していただいたのですが、今回は久留麻の方でお願いすることに。

結論からいくと、岡田先生のレベルアップ感が半端なく、素人の僕がうかつに説明して間違ったこと書いたら迷惑がかかりそうな感じ😁

今や大人気の鍼灸院ですからね。

頭痛・便秘・胃腸病・不眠・喘息・リウマチ・アトピー・冷え性、四十肩も改善するし、ぎっくり腰や鬱病の方も来られるそうです。ちなみに鬱病の方は、今では「旅行に行きたい!」と言うようになるくらいに回復してきているそうで、岡田先生も喜んでいました。

施術の詳細をお伝えする知識は僕にはありませんが、島の鍼灸院を必要としている人に少しでも情報が届けばと思いますので、施術の雰囲気だけご紹介します😁

氣の流れを整える

島の鍼灸院 施術中

人間の身体には、経絡けいらくという全身をつなぐ川があり。体調不良の時は、そのバランスを整えるのが改善への近道らしい。

岡田先生は、頻繁に3本の指で脈拍をとりながら、五感で不調箇所を探していました。

島の鍼灸院 施術中

その後、診察台に移動。岡田先生は、金の鍼(先が丸まっているらしく刺さらない鍼)を持って、さらに不調箇所をサーチ。

島の鍼灸院 施術中

さらに、磁石を手足に貼ってサーチ。

島の鍼灸院 施術中
島の鍼灸院 施術中

鍼は殆ど刺さない

島の鍼灸院 施術中
お腹にお灸をのせながら、鍼治療

もちろん患者さんの状態よっては刺すこともあるそうですが、一年前と比べて、今の施術は殆ど鍼を刺さないそうです。

鍼の本数も少なく、深さも浅い。

奥さんも、刺されたのは2〜3箇所だったような(←適当)。

差した深さは、わずかに0.6mm。

奥さんも刺されていることに気づかないレベルでした。

しかも、痛い箇所に鍼をするわけではありません。患部と離れた所に施術をすることで全身の流れが整い、自然治癒力で改善していくそうです。

ちなみに、痛みのある場所に鍼をすると、身体の鎮痛システムが作動して痛みが軽減するそうですが、それでは根本の原因解決にはならないらしい。

海をキレイにするには、山を整備するのが本質。「身体は小さな自然界」なんですって😲

島の鍼灸院 施術中
Right Caption
ひーちゃん
これなら鍼は全然怖くない

他にも、足にお灸をしたり、

島の鍼灸院 施術中

腰にしたり

島の鍼灸院 施術中

どさくさに紛れて、僕も足のツボ(三陰交)にマークしてもらったり😁

島の鍼灸院 施術中

企業秘密かもしれませんが、岡田先生の施術は「氣鍼医術」と言うらしい。何千年も続く伝統医術だそうです。

チラッと中身を見ましたが、僕には理解不能ですぐに伏せました😁

氣鍼医術

奥さんの体調が回復して、良い年末・年始が迎えられそうです😁

本当にありがとうございました‼️

島の鍼灸院へのアクセス

島の鍼灸院

以前は、釜口で診察していましたが、今は久留麻にある診療所がメインだそうです。

国道28号線沿いで、駐車場も広いのでアクセスに不安はありません。住所だけカーナビにセットしておけばOKです。

島の鍼灸院の住所

兵庫県淡路市久留麻235

日曜・火曜・祝日が定休日。ただ、完全予約制ですから、その点だけご注意ください🙌

お電話かSNS(インスタ)のメッセージから予約可能です。

島の鍼灸院の電話番号

0799-73-6883

島の鍼灸院のインスタグラム

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら