くるまり農園のぶどう、一粒がデカッ!食べ応え十分です

2018年8月22日

今、改めて「くるまり農園」のぶどうを家で食べたんですが、一粒がデカイ。そして、美味しい!

連日の広報で、しつこい感あったらすみません。・・けど、やっぱり伝えたい。このぶどうの存在感、見てよ。

くるまり農園のぶどう

写真を撮るつもりなかったので、食べ途中の写真になっちゃいましたけど…。

昨日、市村さんに教わった通り、ぶどうの房の肩側から無くなっております。。子供達の学習能力、半端ねぇ。

で、デカイの話に戻すと、500円玉より大きかったです。

くるまり農園のぶどう

味は上手く伝わらないかもしれないけど、一粒が大きいのは事実です。

もちろん、個体差があるからね。そこんとこは、大人の対応でお願いしまする。

ちなみに、この品種は藤稔(ふじみのり)です。

 

あと、ベリーAを凍らせておいたんですが、食べてみると、リアル「アイスの実」って感じでした。

息子が大喜び?子供のおやつにいいですね。

 

淡路島の絶品ぶどうを作っている「くるまり農園」さんはこちら???

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、少しでも多くの人に淡路島の魅力を知ってもらうために、当サイト「淡路島に移住してから」を書いていきます!「プロフィールはこちら