淡路島で連日の青物ゲット。ボイル多発で帰り時がわからーん

おはようございます。

今日の淡路島は曇り。昨日みたいにギラギラしていないので過ごしやすい、秋モードです。

我が家の中では、コオロギが鳴いています。。秋を感じられますが、近すぎてうるさいわ〜。

でも蚊と違って、退治するのはなんか抵抗あるし。ゴキブリとも違うし。コオロギって微妙な良いポジションで生き抜いているんですね。

さて、今朝の朝マヅメ釣行は西浦。先日ご一緒させていただいたアングラーさんに聞いたポイントにエントリーしました。

4時30分に到着すると、既に4-5台の車あり。でも、ポイントには十分入れる状態で、前日から狙っていた一番奥に。

初めてのポイントでしたが、平日なら5時到着でも入れる感じかも。

時合いが始まったのは、5時20分過ぎ。40mくらい先でボイルが多発すると、他のアングラーがヒットに持ち込みました。

すぐお隣の2人も釣り上げて、いよいよ次は自分の番かーと力が入る。

軽く当たっても乗らず、少し焦る。冷静にキャストして、祈るようにリトリーブを繰り返すと、ヒット!

ゴリ巻きを開始すると、すぐに表層で魚が引きずられている姿あり。

エソーーーーー。

なんで、俺だけエソやねん。。

しかも、ミノーの針を丸呑み。絶対取れないパターンのフッキングが決まっていて、針を外すのにひと苦労。。

そんな中、横ではお隣さんがまた釣りあげとる。。

エソを処理して、ZONKを信じてキャスト。

すると、3回目で本命ヒット!!!

魚とのやりとりを楽しみながら、何回かの下への突っ込みをかわして、そんなに大きくなさそうな魚影だったので最後はぶっこ抜き。

ハマチ

ZONKの針が3つもフッキングできていたので、比較的やりとりが楽だったんですねー。アッザース。

撮影時刻で6時2分。

血抜きして、内臓処理していたら、だいたい時合いは終了していた感じでした。まぁ、ちょっとした安堵みたいなものと満足感があって、2匹目を急ぐことはしませんでした。

 

その後もポツポツとボイルがあり、僕以外の人が釣りあげていきます。タモバレも何度かあったみたいですし、結構な数の青物が釣れていたと思います。

目の前にボイルが不定期にやってくるのでなかなか納竿のタイミングが掴めず。あと一回アタリが来たら止めようと思いながらキャストし続ける。そして8時前に、手前15mくらいの場所でヒット!

回収ぎみに巻いていたミノーに食ってきました。ルアーは、マリンギャング。最後の足元までしっかり泳いでくれるから、手にできた一匹です。

ハマチ

こないだのムコイチでも手前で一匹釣れたので、やっぱり足元まで気が抜けないんですね。

今日はこの2匹目で気持ちよく撤収。久しぶりに8時過ぎまでやってしまった。

 

魚のサイズは昨日より小さめ。40cmと41cmでした。他のアングラーの釣っているのも、50cm未満だったかなぁと思います。

それでも20本近くあがっていたと思うので、お祭りですね。

西浦は朝日が出ないので、時間感覚が分からないんだなーと、最後に気がついた。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ