淡路島・アルチェッポ㊗️2021年4月オープン❗️モッツァレラたっぷりで美味しかったよ〜😁

モッツァレラチーズのトマトソースパスタ

2021年4月1日に、洲本にオープンしたばかりのイタリアン「アルチェッポAL Ceppo」でランチをしてきました〜😁

お得なランチセットを注文したのですが、モッツァレラチーズがた〜ぷり🤤

モッツァレラチーズたっぷり
器も可愛かった

スープがおかわり自由で、860円税込はコスパいいです❗️❗️

個人が営むイタリア料理店は敷居が高いイメージですが、アルチェッポは気軽に足を運べます👌

アルチェッポのパスタ2種

もう一品は、ペペロンチーノをいただきましたが、アルチェッポAL Ceppoのパスタラインナップは50種類もあるんですって。

ひーちゃん
ひーちゃん
選べる楽しさもある
ペペロンチーノ

パンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)は、こだわりの自家製。

パスタの麺は少し硬めでしたね。

個人的には好きです😁

きれいめカジュアルな店内の雰囲気も、とっても落ち着ける空間でした。

アルチェッポの店内の様子

それと、店主さんの接客がとても気持ち良かった😊

アルチェッポAl Ceppoの店主さん

アルチェッポ(Al Ceppo)の店主さん

こちらがアルチェッポAl Ceppoの店主・河尻さん。

2021年1月に、神戸から淡路島に移住してきてくださったご夫婦。

以前は、ファミリーレストランの店長をされていたそうで、素敵な接客にも納得でした。

ちなみに、店名「アルチェッポAl Ceppo」は、イタリア語で「切り株」とか「年輪」、「起源」、「はじまり」といった意味があるそうです。

店内に素敵なツリーのインテリアがあったのですが、これがまさに「アルチェッポAl Ceppo」のイメージですね😊

アルチェッポ(Al Ceppo)

アルチェッポAl Ceppoの店内の様子

アルチェッポ(Al Ceppo)店内の様子

アルチェッポAl Ceppoの店内は、カフェのような雰囲気。

インテリアもシンプルで素敵な印象です。

アルチェッポ(Al Ceppo)店内の様子
子供椅子もあります👌

席数は、だいたい25席くらいのイメージ。

カウンター席もあるので、お一人様でも気兼ねなく足を運べるお店です。

カウンター席
ひーちゃん
ひーちゃん
とってもリラックスできる👌夜に来ても素敵なお店だと思う

アルチェッポAl Ceppoのランチメニュー

ランチメニュー

ランチメニューは、6種類のパスタから選択。セット内容にあわせて、A・B・Cの3つのコースがあります。

ちなみに、僕らはガーリックトーストに。

ガーリックトースト

ドルチェは、数ある中から選択できたので、アイスティラミスをチョイス😋

ドルチェとコーヒー

この他、グランドメニューからも注文可能。

パスタも種類がたくさん。すき焼き風とか、面白そうなメニューも😁

パスタメニュー

他には、ピザも美味しそう。値段もリーズナブル。

中でも注目は、小さなピザ❗️

ピザもちょっと食べたい時にいいですよね。気の利いたメニューだと思いました😊

ピザメニュー

テイクアウトもできるので、今度、機会があれば利用させてもらおうと思います。

お店の看板メニュー・ディアボロフォルマッジは基本的に17時以降の限定メニューですが、場合によってはランチタイムでも対応していただけるとのこと。

ディアボロフォルマッジセット

グランドメニューはたくさんあるので全てはのせませんが、お酒もありますよー♫

グラスワイン280円は、心惹かれたわ〜😙

ワインメニュー

アルチェッポAl Ceppoの行き方

アルチェッポの店舗外観

アルチェッポAl Ceppoは、洲本市街地エリアにあります。

洲本市立第二小学校の近くですね。

駐車場はお店の前に4台分。前の道が少し狭いので、安全運転で🙌

お店の住所が「2」並びで素敵です😁

アルチェッポAl Ceppoの住所

兵庫県洲本市本町2-2-2

アルチェッポAl Ceppoの基本情報

アルチェッポの入口
営業時間11:00-21:30 ※ラストオーダー 21:00
定休日SNSをご確認ください
住所兵庫県洲本市本町2-2-2
電話番号0799-38-4231
SNShttps://www.instagram.com/al_ceppo/
不定休もありますので、ご心配な方は事前連絡の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら